レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」御礼

2017年12月2日(土)3日(日)の両日にわたり行われました当イベントにお越しになっていただきました皆様、誠にありがとうございました! お陰様を持ちまして、無事故、大盛況でこれを閉幕することができました。

これは、沖縄北部最大の室内競技場、あけみおスカイドームにて、沖縄とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業であり、名護市や名護市観光協会、公益財団法人沖縄県体育協会、在京タイ王国大使館、タイ国政府観光庁大阪事務所より後援をいただきました。

2日間で総入場者数1万名を超えることとなり、初日のアマ大会、二日目のプロ大会共に大入りで、試合は、ピームエ(ムエタイ音楽)楽団をタイより招へいしての生演奏で行われ、ゲーオ・ウィラサクレックとゴンナパー・ウィラサクレック、ノントゥム・パリンヤーのムエタイスターズのエキジビジョンマッチで盛り上がり、ムエボラン(古式ムエタイ)演武やルーシーダットン(古式タイヨガ)、アクロヨガ(アクロバットとタイ式マッサージの融合)、タイポップライブなどのアトラクション、タイから料理人とマッサージ師を招いてのタイ料理店やタイ式マッサージ店をはじめとする出店、沖縄とタイの文化交流展や沖縄北部物産店で来場者様にお楽しみいただけるよう趣向を凝らしました。

また、次回の予定が立ちましたら、ここでご報告させていただきます。

おわりに関わっていただいたすべての方々に感謝を捧げ、ご多幸を祈らせていただきます!

本部の町営市場内で地元名産品を取り扱う「もとぶ商店」様に4月23日興行「レキオバトル名護 vol.1」のポスターを掲示していただきました。ありがとうございます!

17819930_1374020049346595_1780259227_o

店名:もとぶ商店
ジャンル:土産物店/通信販売
住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地4 町営市場
営業時間:11:00~17:00
定休日:月、火曜日
HP:http://motobu792.com

20170423lequiobattle1

レキオバトル名護は、興行のポスターを貼らせていただける、またはフライヤーを置かせていただける店舗や場所を大募集しております! ご希望の方は、是非、事務局(沖縄県名護市大東2-20-3/TEL 0980-43-6537/mail lequiobattle@gmail.com)までご連絡ください! 日曜日以外の17:00から21:00までに直接お越しになっていただいても結構です! 沖縄北部から格闘技で世界へ! ご協力の程、よろしくお願いいたします!

沖縄北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)を中心に配信されている地元密着型ラジオ放送局「FMやんばる」の毎週月曜日レギュラー番組「やんばるスポーツ編集社」内でレキオバトル名護の特集コーナー「熱血硬派!レキオバトル」が4月10日より開始されることとなりました。

FMyanbaru_logo

ここでは10分以上にわたり、沖縄北部から毎年4月と10月に開催されるレキオバトル名護の情報を中心に格闘技情報バラエティーをお送りします。

まずは、4月23日、名護市民会館で行われる「LEQUIO BATTLE NAGO vol.1(レキオバトル名護 vol.1)」の特集をお送りしつつ、選手や関係者をゲストに迎えるなどして盛り上げてまいります。

また、当番組は放送から約1ヶ月間ほど、動画配信サイトUSTREAMの「FMやんばる」チャンネル内で視聴することができます。

また、当コーナー発足にあたり第0回として4月3日に放送された番組が以下のURLより公開されております。


「熱血硬派!レキオバトル」は、35分から48分となっております。

番組内コーナー名:熱血硬派!レキオバトル
番組名:やんばるスポーツ編集社
放送局:FMやんばる
周波数:77.6 MHz
放送日時:毎週月曜日15:15より10分以上(「やんばるスポーツ編集社」は15:00から16:00)
パーソナリティ:ジョバンニ新城、ヤンヤン金城
「FMやんばる」公式サイト:http://fmyanbaru.co.jp
USTREAM「FMやんばる」チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/fmyanbaru

名護でも大人気の居酒屋「足立屋」様に4月23日興行「レキオバトル名護 vol.1」のポスターを掲示していただきました。ありがとうございます!

17776751_1369404199808180_1567068394_o

店名:大衆御苑 足立屋
ジャンル:居酒屋
住所:沖縄県名護市城2-1-2
電話番号: 0980-54-8690
営業時間:12:00~翌2:00
定休日:年中無休
食べログ:https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470201/47019206/

20170423lequiobattle1

レキオバトル名護は、興行のポスターを貼らせていただける、またはフライヤーを置かせていただける店舗や場所を大募集しております! ご希望の方は、是非、事務局(沖縄県名護市大東2-20-3/TEL 0980-43-6537/mail lequiobattle@gmail.com)までご連絡ください! 日曜日以外の17:00から21:00までに直接お越しになっていただいても結構です! 沖縄北部から格闘技で世界へ! ご協力の程、よろしくお願いいたします!

名護で43年もの伝統を誇る老舗、ジャズを聴きながら大人の嗜みを楽しめる「Music Cafe Shiro(ミュージックカフェ城)」様に4月23日興行「レキオバトル名護 vol.1」のポスターを掲示していただきました。ありがとうございます!

17792351_1369404953141438_1210616345_n

店名:Music Cafe Shiro(ミュージックカフェ城)
ジャンル:ミュージックカフェ/ライブハウス
住所:沖縄県名護市城2-1-2
電話番号: 0980-53-2877

20170423lequiobattle1

レキオバトル名護は、興行のポスターを貼らせていただける、またはフライヤーを置かせていただける店舗や場所を大募集しております! ご希望の方は、是非、事務局(沖縄県名護市大東2-20-3/TEL 0980-43-6537/mail lequiobattle@gmail.com)までご連絡ください! 日曜日以外の17:00から21:00までに直接お越しになっていただいても結構です! 沖縄北部から格闘技で世界へ! ご協力の程、よろしくお願いいたします!

プロフェッショナルとアマチュア、空手道の部の3部で構成される当イベントで、プロ部門で決定したスペシャルエキジビジョンマッチを新たに発表させていただきます。

キックボクシング スペシャルエキジビジョンマッチ 3分2回戦 キックボクシングルール
マサ 佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者、西日本統一ライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者)
中村 広輝(赤雲會/LEGENDライト級王者、元TENKAICHI KICK ライト級王者、元全沖縄ライト級王者)

masasatou nakamurahiroki

二人の沖縄トップファイター夢の激突が実現します!

マサ佐藤は、出身こそ東京都墨田区ながら幼少期の多くを沖縄で過ごし、高校卒業と同時に移住、名護に居を定め、極真空手をベースに名護ムエタイスクールでキックボクシングを習得し、K-SPIRITなどを中心に活躍してきました。その実力が大きく開花したのは、昨年のこと。8月20日から中国全土で一斉に開始された英雄伝説アジアチャンピオントーナメントで中泰日の強豪選手16名を相手に4度勝ち抜き英雄伝説アジア64kg級王者となったのです。

この快挙により一気に沖縄を代表するキックボクサーとなった佐藤には、先月(3月)、あまりにも大きなチャンスが予定されていました。アントニオ猪木が、今年3月23日、パキスタンとインドの国境の町、ワーガで世界平和プロジェクト「ファイト&ピース」を計画。ここでムエタイ2013年MVP選手、パコーン・PKセーンチャイムエタイジム(タイ)とのビッグマッチが内定し、発表されたのです。

このオファー以前に佐藤の「レキオバトル名護 vol.1」出場も予定されてはいましたが、勝敗の如何にかかわらずパコーンと戦って1か月後に公式戦ができる可能性は薄いとの判断でエキジビジョンマッチ出場の判断がなされた次第です。残念ながらパキスタン興行は、政情不安などが理由で順延となった模様。ですが、そのままの予定で今回は模範試合の参戦と相成りました。

ここでその相手としてピックアップされたのが“琉球鉄拳”中村広輝です。

中村は“琉球伝説の空手家”大宜見朝覺(おおぎみ・ちょうかく)の愛弟子として10代のころから沖縄で図抜けた強さを誇り、一撃必倒の鉄拳を武器に東京遠征を盛んに行い、2015年7月12日、当時、REBELS 65kg級王者の水落洋祐を右フック一発で昏倒させる衝撃KO勝利を収めるなど数々の殊勲を上げ、全国区で活躍するオキナワンキックボクサーとして尊敬を集める存在であります。

実は、この一戦、今回興行のメインイベントとして真っ先に計画されたのですが、ライト級(61.23kg)をベストとしてスーパーライト級(63.5kg)までを上限とする佐藤と65kgを下限リミットとする中村でどうしても契約体重が折り合わず公式戦が成り立たなかった経緯があります。

当プロモーションが赤雲會の練習に取材に行った際、同興行に出場する宮城寛克とノーヘッドギアで試合と見まがうほどの猛烈なガチンコスパーリングを繰り広げる中村を指差し、大宜見会長は「これをやれば面白いだろ」とニヤリと笑ってみせました。

気の強さなら“名護の闘将”マサ佐藤も折り紙つき。

このエキジビジョンマッチは、普通で終わるわけのない雰囲気を漂わせています。そんな両者の激突にご期待ください!

尚、当興行に関する概要はコチラをご覧ください。 

↑このページのトップヘ