レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」御礼

2017年12月2日(土)3日(日)の両日にわたり行われました当イベントにお越しになっていただきました皆様、誠にありがとうございました! お陰様を持ちまして、無事故、大盛況でこれを閉幕することができました。

これは、沖縄北部最大の室内競技場、あけみおスカイドームにて、沖縄とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業であり、名護市や名護市観光協会、公益財団法人沖縄県体育協会、在京タイ王国大使館、タイ国政府観光庁大阪事務所より後援をいただきました。

2日間で総入場者数1万名を超えることとなり、初日のアマ大会、二日目のプロ大会共に大入りで、試合は、ピームエ(ムエタイ音楽)楽団をタイより招へいしての生演奏で行われ、ゲーオ・ウィラサクレックとゴンナパー・ウィラサクレック、ノントゥム・パリンヤーのムエタイスターズのエキジビジョンマッチで盛り上がり、ムエボラン(古式ムエタイ)演武やルーシーダットン(古式タイヨガ)、アクロヨガ(アクロバットとタイ式マッサージの融合)、タイポップライブなどのアトラクション、タイから料理人とマッサージ師を招いてのタイ料理店やタイ式マッサージ店をはじめとする出店、沖縄とタイの文化交流展や沖縄北部物産店で来場者様にお楽しみいただけるよう趣向を凝らしました。

また、次回の予定が立ちましたら、ここでご報告させていただきます。

おわりに関わっていただいたすべての方々に感謝を捧げ、ご多幸を祈らせていただきます!

2017年12月3日にあけみおスカイドームで開催いたしました「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」のスペシャルエキシビションマッチ、ノントゥム・パリンヤー×岡田敦子を公式YouTubeチャンネルにて無料公開開始いたします!

ノントゥム・パリンヤー×岡田敦子 2017年12月3日 レキオバトル名護 vol.2 あけみおスカイドーム
https://www.youtube.com/watch?v=gmreQTRcUoY



この他の試合も準備が整い次第、順次アップデートしてまいりますので、公式YouTubeチャンネルをチェックの程、よろしくお願いいたします!

2017年12月3日にあけみおスカイドームで開催いたしました「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」の第6試合、島尻忠哉×小西章太を公式YouTubeチャンネルにて無料公開開始いたします!

島尻忠哉×小西章太 2017年12月3日 レキオバトル名護 vol.2 あけみおスカイドーム
https://www.youtube.com/watch?v=Y0Y-d9uYmIU



この他の試合も準備が整い次第、順次アップデートしてまいりますので、公式YouTubeチャンネルをチェックの程、よろしくお願いいたします!

2017年12月3日にあけみおスカイドームで開催いたしました「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」の試合を公式YouTubeチャンネルにて無料公開を開始いたします!

まずは、メインイベントやセミファイナル、ゲーオ・ウィラサクレック×ゴンナパー・ウィラサクレックのスペシャルエキジビジョンマッチなど5試合です!

マサ佐藤×トック・タック・トップキング 2017年12月3日 レキオバトル名護 vol.2 あけみおスカイドーム
https://www.youtube.com/watch?v=N9-H6EVWf9g

北斗拳太郎×モンコンペット・ライジングドラゴン 2017年12月3日 レキオバトル名護 vol.2 あけみおスカイドーム
https://www.youtube.com/watch?v=3HtdkLm-K5A

ゲーオ×ゴンナパー(EXマッチ) 2017年12月3日 レキオバトル名護 vol.2 あけみおスカイドーム
https://www.youtube.com/watch?v=pCxP2GlO_a4

稲津航大×ダイスケ 2017年12月3日 レキオバトル名護 vol.2 あけみおスカイドーム
https://www.youtube.com/watch?v=x7ac2_X5Bno

ワンパンマン浦野×エイト 2017年12月3日 レキオバトル名護 vol.2 あけみおスカイドーム
https://www.youtube.com/watch?v=DXNSzIgqxJQ

この他の試合も準備が整い次第、順次アップデートしてまいりますので、公式YouTubeチャンネルをチェックの程、よろしくお願いいたします!

リングネーム:マサ 佐藤
英語名:Masa Sato
所属:名護ムエタイスクール
生年月日:1987年8月21日
出身地:東京都墨田区
身長:172cm
戦型:オーソドックス/ファイタータイプ
戦績:33戦20勝(11KO)10敗3分
ステータス:英雄伝説64kg級アジア王者、西日本統一ライト級王者、蹴拳ムエタイライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者
キャッチコピー:やんばる将軍、名護の闘将

2017年12月03日 トック・タック・トップキング(タイ) 〇判定2-0勝ち レキオバトル名護/あけみおスカイドーム
2017年10月22日 翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム) 〇判定3-0勝ち 蹴拳/ディファ有明
2017年09月09日 カン・エン(中国) ×判定0-3負け 英雄伝説/山東省泰安
2017年06月29日 ダルビッシュ黒木(KING EXCEED) 〇判定3-0勝ち LEGEND/ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
2017年06月29日 関幸一郎(ELEPHAS) ◎2RTKO勝ち LEGEND/ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
2016年11月13日 モンクレール宮地(GET OVER) 〇判定3-0勝ち 戦場/仙台夢メッセみやぎ本館大ホール
2016年10月02日 ツイ・ジェンフイ(中国) ◎2RKO勝ち 英雄伝説/内蒙古アルシャー盟
2016年10月02日 メン・カン(中国) 〇判定3-0勝ち 英雄伝説/内蒙古アルシャー盟
2016年08月20日 ウェイ・シュアイナン(中国) ◎2RTKO勝ち 英雄伝説/深圳
2016年08月20日 ワン・ジャーラー(中国) 〇延長判定3-0勝ち 英雄伝説/深圳
2016年06月26日 KJヒロシ(キックボクシングDrop) 〇判定3-0勝ち K-SPIRIT/嘉手納アリーナ
2016年04月22日 Suraj Bangarh(カナダ) ×判定0-3負け WARRIOR/カナダ、ブリティッシュコロンビア州、ビクトリア

Facebook:https://www.facebook.com/masatoshi.satou.902

2017年12月3日現在

14432970_1158742104201081_949987895614817135_n

90年代中期に誕生し世界の格闘技ブームのムーブメントを築き上げた日本発信の格闘技イベント「K-1」や「PRIDE」が一旦は消滅状態(現在、新生団体が発足)となり久しいが、現在、MMA(総合格闘技)はアメリカの「UFC」が、キックボクシングは中華人民共和国の「英雄伝説」などがワールドスタンダードとなっている。14492431_966051193523662_3273995226512287669_nそんな折、2016年10月2日、内モンゴルの砂漠に60万人を集めて開催されたモンスターイベント「英雄会」の中で開催された英雄伝説興行で過酷な大型トーナメントを勝ち抜き歴史に残る日本人王者が誕生した。20161002-masasato-kondoikki東京の下町出身ながら幼少時より沖縄を第二の故郷として往復し、高校卒業と同時に移住、名護に居を定め家庭を築き2児の父でもある“やんばる将軍”マサ佐藤である。空手道を下地に武骨でパワフルな攻撃型の実力者として関係者間に知られていた佐藤は、これまで西日本やRKA(琉球かきだみし協会)のタイトルを獲得する二冠王だったが、2016年8月20日から中国全土で一斉に開始された英雄伝説アジアチャンピオントーナメントで中泰日の強豪選手16名を相手に4度勝ち抜き堂々たるアジア王者となったのだ。特に決勝戦の崔建辉(ツイ・ジェンフイ)戦のKO劇は圧巻だった。初回、中国人観衆の大声援を一身に背負った崔は猛然と佐藤に襲いかかりラッシュの波状攻撃でダウン寸前まで追い込む。続く第2ラウンドも同様に勢いの増した崔が止めを刺そうと前に出た刹那、佐藤渾身のローキックが膝関節の内側に直撃。一発で逆転の大ダメージを食らわせた佐藤は悲鳴のような嬌声の中、地元の雄をマットに昏倒させた。第2ラウンドKOの堂々たる勝利で重く輝くベルトを巻いてみせた。これは、元K-1王者、佐藤嘉洋などに続く快挙。もちろん沖縄県民として初のビッグタイトル獲得となる。しかしながら、一夜にして南国のローカルヒーローが全国的な評価を得て羽ばたいた栄達に佐藤は満足することなく、真の日本一、更にワールドチャンピオンへと勇躍を誓い「沖縄から世界へ」、いや「名護から世界へ」を体現しようとしている。

イベント名:レキオバトル名護 vol.2(プロフェッショナルの部)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:あけみおスカイドーム(沖縄県名護市字宮里492)
日時:2017年12月3日(日)
後援:名護市、名護市観光協会、公益財団法人沖縄県体育協会、在京タイ王国大使館、タイ国政府観光庁大阪事務所

このイベントは、平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業として運営されております。

piimuay

◎KOまたはTKO勝ち
○判定勝ち
×負け
△引き分け

第11試合 メインイベント 64kg契約 3分5回戦 ムエタイルール
○ マサ 佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者、蹴拳ムエタイライト級王者、西日本統一ライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者)
× トック・タック・トップキング(タイ/CRAZY WOLF/元タイ南部ライト級王者)
判定2-0(49-48、49-48、49-49)

satou-takku (4)

昨年、過酷な16名トーナメントを勝ち抜き英雄伝説アジア64kg級王者となり、今年10月22日、翔・センチャイジムを破り五冠王者となったマサ佐藤が、ホームである沖縄県名護市で凱旋メインイベントとなったこの試合、相手は、タイ人選手のトック・タック・トップキング。

satou-takku (2)

スロースターターの佐藤が、初回から積極的に攻撃をしかけると、トックは早くも得意の首相撲をしかけ、要所にミドルキックを打ち込むなど必勝態勢。ボディーブローを織り交ぜながらパンチで倒しに行く佐藤とあくまでムエタイでポイントアウトを狙うトックの構図。

satou-takku (5)

4ラウンドまでほぼ互角の攻防の中、第5ラウンド、佐藤のヒジ打ちでトックの頭部が切れドクターチェックが入る終盤から試合が一気にヒート。

satou-takku (8)

試合は判定採決となり、結果2-0で佐藤が勝利。

satou-takku (9)

まずは、難敵を退け、来年からの大きな新展開に繋ぐことをマイクで誓った。

satou-takku (1)

第10試合 セミファイナル 70kg契約 3分5回戦 ムエタイルール
◎ 北斗 拳太郎(ボスジムジャパン/SB日本スーパーウェルター級王者)
× モンコンペット・ライジングドラゴン(タイ/昇竜会/元タイ北部ランキング5位)
KO 3R 1分45秒

hokuto-monnkonnpetto (2)

沖縄初参戦の北斗拳太郎がキャリア初のムエタイルールに挑戦。相手は、沖縄南部でムエタイトレーナーを務めるモンコンペット・ライジングドラゴン。

hokuto-monnkonnpetto (3)

北斗は、恒例の「北斗の拳」リスペクトの模倣キャラクターを貫き、ワイクルーの舞いも完全無視、ピームエ生演奏にリズムを合わせることもなくいつも通りの強いフィジカルを感じさせる積極果敢な攻撃に打って出る。これにモンコンペットは、首相撲で対抗。

hokuto-monnkonnpetto (5)

だが、第1ラウンドこそ1度は転倒させられたものの、それ以外は微動だにしない。第2ラウンド、モンコンペットのヒジ打ちに頬を打ち抜かれ北斗が不敵に微笑を浮かべた場面以外は、特に進展のない具合。

hokuto-monnkonnpetto (4)

ところが試合が終盤戦までもつれそうな雰囲気を醸し出してきた中、北斗が突如として前進し、右ハイキックを放ち直撃。仰向けに倒れ昏倒したモンコンペットの様子を見てレフェリーはダウンカウントアウトを中断し北斗のKO快勝となった。

hokuto-monnkonnpetto (6) hokuto-monnkonnpetto (7)

第9試合 スペシャルエキシビションマッチ 2分2回戦 ムエタイルール
ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/初代K-1 WORLD GP -65kg王者、元ルンピニースタジアム認定フェザー&ライト級王者、元WPMF世界スーパーライト級王者、元WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者など8冠王)
ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/WPMF世界スーパーライト級王者)
※EXマッチにつき勝敗なし

ge-o-gonnnapa- (2) ge-o-gonnnapa- (3)

ge-o-gonnnapa- (4) ge-o-gonnnapa- (5)

ge-o-gonnnapa- (5) ge-o-gonnnapa- (6)

第8試合 フェザー級(57.15kg) 3分5回戦 ムエタイルール
× ダイスケ(エボリューションムエタイジム/前TENKAICHI KICK ライト級王者)
○ 稲津 航大(RIOT GYM)
判定1-2(48-49、48-49、48-47)

inadu-daisuke (2)

名護・期待の星であるダイスケが地元での大暴れが期待される一戦。対するは、沖縄中部から北部に乗り込んできた美男のテクニシャン、稲津航大。共に日本人ながらムエタイ様式に倣いワイクルーを踊るダイスケと最低限の礼を尽くすのみの稲津が対照的。

inadu-daisuke (3)

試合は、カウンター狙いの稲津にダイスケが攻めきれない具合の攻防の中、第4ラウンドから積極的に動いたのは稲津。ダイスケは、最終回5Rから手数を倍加させるも、それを上回り、サウスポーのパンチコンビネーションからのローキックを直撃させる稲津。

inadu-daisuke (6)

判定結果は、スプリットデシジョンとなったが稲津が勝利をものにした。

inadu-daisuke (9)

第7試合 スペシャルエキシビションマッチ 2分2回戦 ムエタイルール
ノントゥム・パリンヤー(タイ)
岡田 敦子(日本ムエタイ協会/初代M-1女子ミニフライ級王者、THE 3RD OPEN INTERNATIONAL MUAYTHAI CHAMPIONSHIPS優勝)
※EXマッチにつき勝敗なし

parinnya--okada (3) parinnya--okada (2)

parinnya--okada (6) parinnya--okada (7)

第6試合 58kg契約 3分3回戦 ムエタイルール
× 小西 章太(クレイジーウルフ)
◎ 島尻 忠哉(DROP)
KO 3R 1分42秒

第5試合 65kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
◎ ワンパンマン 浦野(名護ムエタイスクール)
× エイト(昇竜会)
判定3-0(30-27、30-27、27-26)

第4試合 フェザー級(57.15kg) 3分3回戦 キックボクシングルール
◎ 辰樹(DROP)
× 沼田 海斗(エボリューションムエタイジム)
KO 3R 1分42秒

第3試合 ライト級(61.23kg) 3分3回戦 キックボクシングルール
○ キヨタロウ(糸満ジム)
× 渡邊 恭祐(名護ムエタイスクール)
判定2-0(30-29、29-29、30-28)

第2試合 ミドル級(72.57kg) 3分3回戦 キックボクシングルール
× 仲宗根 基文(真樹ジムオキナワ)
◎ 渡慶次 賀文(名護ムエタイスクール)
TKO 3R 0分2秒 リングドクターの診断結果を受けてレフェリーストップ

第1試合 セミプロマッチ フェザー級(57.15kg) 2分3回戦 キックボクシングルール
△ 金城 裕哉(RIOT GYM)
△ 佐喜眞 祐作(エボリューションムエタイジム)
判定0-1(29-30、30-30、30-30)

↑このページのトップヘ