旗揚げ戦ベストバウトの名勝負爆発
“名護の星”ダイスケがメインを締める!

イベント名:LEQUIO BATTLE NAGO vol.1(レキオバトル名護 vol.1)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:名護市民会館・中ホール
日時:2017年4月23日(日)



第11試合 ダブルメインイベント 57.2kg契約 3分3回戦(延長1R) キックボクシングルール
〇ダイスケ(エボリューションムエタイジム/TENKAICHI KICK ライト級王者)
×翔平(シャイン沖縄/TENKAICHI KICK フェザー級3位)
判定3-0 30-26、30-27、30-27

daisuke-syohei (5)ダブルメインイベントの2試合目、大トリとして登場したのは、今回旗揚げとなるレキオバトル名護のエースとして期待されるダイスケとそのライバルである翔平だ。単純に選手や試合としての格は、その前に行われた仲山大雅×サムライ・カイトの方が上かもしれないが、プロモーションがこの試合をオーラスとしたのは、純正の名護出身選手であるダイスケへの信任の大きさがうかがえる。

daisuke-syohei (16)ダイスケがプロデビューから6戦目でTENKAIDHI KICK ライト級王者のベルトを巻き“名護人(ナゴンチュ)の星”となったのが昨年9月、そこから海外遠征(中国)や本土遠征(名古屋)で苦戦し引き分けを挟んで最近3試合白星がない土壇場で、40日間のタイ武者修行を敢行する。行先は“ムエタイ皇帝”ナムサックノーイ・ユッタガーンガムトーンが指導する南の楽園、パンガン島のナムサックノーイムエタイクラブ。美しい海と相反して鬼の練習には定評がある虎の穴に自ら飛び込んで、これを完遂。試合3日前に帰国した。

daisuke-syohei (12)対する翔平は、スタイリッシュな左ミドルキックを中心としたアグレッシブファイトで頭角を現した好選手。広島生まれで沖縄に数年前から移住し、東京在住時には「稲妻ショーヘイ」のリングネームでKrushやRISEなどのリングで活躍している。ダイスケとは、昨年7月に初対戦し、マジョリティデシジョン(判定0-2)で惜敗しているが、ダウンを取り合う熱戦で場内を沸かせた。その実力差は紙一重。まさにライバル対決の第2章といえる闘いにモチベーションは高く、前日計量時の肌つやとハイテンションは、絶好調を感じさせた。

daisuke-syohei (9)
第1ラウンドのゴング早々に翔平がワンツーで前進し飛びヒザ蹴りといきなりハイスパート。ダイスケは、冷静にこれらを受け流し得意の右フックをかぶせる。翔平は、得意の左ミドルキックも好調で、これに右ストレートを合わせ、速く美しいコンビネーション。ダイスケは、ワイルドに左右のパンチを強振。ただ、バランスは良く、翔平の鋭い蹴りもヨックバン(ヒザを上げるブロック)でしっかりガードする。組んでもレフェリーに促されることなく互いに離れて打ち合い、噛みあい旋律のある緊張感が絶え間ない激しい初回が終了。

daisuke-syohei (19)第2ラウンド、更にペースを上げる翔平が左右のミドルキックを間断なく繰り出す。ダイスケは、サークリングのフットワークでかわすとパンチを打ち込み、以前より直線的で鋭くなった右ミドルキックも忘れない。GLORYと同様の攻撃を伴う短時間の首相撲が認められるルールの中、組技をよく知る両者の接近戦は攻撃的で歓声を誘う。特にダイスケのタイ修行の成果が見られるダンナー(相手の首を内側から差し込んだ手で捻るテクニック)などが目立つ。それにしても全くスピードが衰えないどころかドンドン増していく両者の攻防は飽くことなく、初回以上のスパートが続きラスト10秒の木槌が鳴ると、ガチっと踏み込んだダイスケの右フックが側頭部を直撃し翔平ダウン。「やられた」と悔しそうな表情を隠すことなく立ち上がった翔平は、ダメージを確かに引きずっているが、強い気持ちがカバーしてか絶望的な決定打とさせない様子。

daisuke-syohei (10)
最終回、第3ラウンド。先に前に出るのは、翔平。叫び声に乗せたミドルキックは力強く、先ほどのダウンが戦力減退になるどころか、逆転を狙いターボチャージがかかったかのよう。それはダイスケも同様で、ダウン奪取のビッグポイントをキープする守備先行型を選ばずにワイルドパンチにアッパーも組み込み賢く野蛮に倒しに行く。そんな野性味こそがダイスケの持ち味だったことを思い出させる動きに、今回が10戦目となるだけに多少の熟達を感じさせ勢いが止まらない。気迫あふれる翔平のアタックも飲み込むダイスケのヒートアップが心身を削り込み、両者の明暗を深めていく中、試合終了のゴング。

判定は、当然のユナニマス(3-0)でダイスケに凱歌が上がり地元応援団は琉球ならではの指笛を吹きまくり嬌声を浴びせる。

daisuke-syohei (24) daisuke-syohei (23)

メインを好勝負の上、見事な勝利で締めたダイスケは、マイクを握り超満員の来客とタイ遠征を援助してくれたジム会長、勤務会社(沖縄トゥクトゥク株式会社)への感謝を述べ、更なる成長を誓った。

※この試合は、沖縄トゥクトゥク株式会社よりベストバウトに選定され、勝者のダイスケに金一封が贈られました。

20170423lequiobattle1

全試合結果はコチラ。また、Facebook公式ページでは、この試合の写真を大量に公開しております。