レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

次回予定

イベント名:LEQUIO BATTLE NAGO vol.2(レキオバトル名護 vol.2)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:名護市民会館・中ホール(沖縄県名護市港2丁目1-1/0980-53-5427)
日時:2017年10月15日(日) 開場開始時間未定
チケット前売り: チケット料金など調整中
チケット販売所:FMやんばる事務所(沖縄県名護市城1丁目7番6号/名護市営市場アーケード崎浜商店街内/9:00~21:00/土日休)、名護ファイティングスポーツ実行委員会事務局(沖縄県名護市大東2-20-3/15:00~22:00/日曜日休み)、公式ブログ、参加各ジム、各選手
お問合せ:TEL&FAX:0980-43-6537(担当:大島)
email:lequiobattle@gmail.com
Facebookページ:https://www.facebook.com/lequiobattlenago
Twitter:https://twitter.com/lequiobattle

出場予定選手

マサ 佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者)
ダイスケ(エボリューションムエタイジム/TENKAICHI KICK ライト級王者)
Kイチロー(フリー/TENKAICHI MMA フェザー級王者)
ワンパンマン浦野(名護ムエタイスクール)
渡邊 恭祐(名護ムエタイスクール)
沼田 海斗(エボリューションムエタイジム)
渡慶次 賀文(名護ムエタイスクール)

選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますのでご了承ください。

news

イベント名:LEQUIO BATTLE NAGO vol.1(レキオバトル名護 vol.1)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:名護市民会館・中ホール
日時:2017年4月23日(日)

◎KOまたはTKO、TO勝ち
○判定勝ち
×負け
△引き分け

プロフェッショナルの部

第11試合 ダブルメインイベント 57.2kg契約 3分3回戦(延長1R) キックボクシングルール
〇ダイスケ(エボリューションムエタイジム/TENKAICHI KICK ライト級王者)
×翔平(シャイン沖縄/TENKAICHI KICK フェザー級3位)
判定3-0 30-26、30-27、30-27

第10試合 ダブルメインイベント フライ級(50.8kg) 3分5回戦 ムエタイルール
×サムライ・カイト(ナムサックノーイムエタイクラブ/エボリューションムエタイジム)
◎仲山 大雅(RIOT GYM)
KO 3R 1分37秒

第9試合 スペシャルエキジビジョンマッチ 3分2回戦 キックボクシングルール
マサ 佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者、西日本統一ライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者)
中村 広輝(赤雲會/LEGENDライト級王者、元TENKAICHI KICK ライト級王者、元全沖縄ライト級王者)
※エキジビジョンマッチにつき勝敗なし

第8試合 65kg契約 5分2回戦 MMAルール
◎Kイチロー(フリー/TENKAICHI MMA フェザー級王者)
×ロマネコンティ銀座(U-SPIRIT JAPAN 町田)
KO 2R 2分50秒

第7試合 ウェルター級(66.68kg)契約 3分3回戦(延長1R) キックボクシングルール
×宮城 寛克(赤雲會)
〇モンコンペット・ワイズディー(タイ/Y’ZD豊見城/元タイ北部ランキング5位)
判定1-2 30-28、27-30、28-29

第6試合 ピン級(45.36kg) 2分3回戦 ムエタイ特別ルール(肘打ちなし)
〇ドゥワンダーウノーイ・エボリューション(タイ/エボリューションムエタイジム・チームナムサックノーイ/元WPMF世界女子ミニフライ級級王者)
×田中“暴君”藍(PCK亘理/Lantre du Lion/聖域東北ライトフライ級王者)
判定3-0 30-28、30-28、29-29

第5試合 スペシャルエキジビジョンマッチ 3分1回戦 MMAルール
仲宗根 武蔵(Theパラエストラ沖縄/元TENKAICHI MMA バンタム級王者)
MCたわし(Theパラエストラ沖縄)
※エキジビジョンマッチにつき勝敗なし

第4試合 65kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
◎ワンパンマン 浦野(名護ムエタイスクール)
×ルイージ(虎の穴/TENKAICHI KICK ライト級8位)
TKO 3R 1分40秒

第3試合 バンタム級(53.52kg)契約 2分3回戦 ムエタイ特別ルール(肘打ちなし)
〇ンガオプラチャン・ルークサーイコンディン(タイ/エボリューションムエタイジム・チームナムサックノーイ)
×佐藤“魔王”応紀(PCK連闘会/聖域チャレンジ女子フライ級王者)
判定2-0 30-30、28-30、27-30

第2試合 62kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
×渡邊 恭祐(名護ムエタイスクール)
〇沼田 海斗(エボリューションムエタイジム)
判定0-3 30-28、30-28、30-28

第1試合 70kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
渡慶次 賀文(名護ムエタイスクール)
ジェームス光(フリー)
※ジェームス光、親近者急逝の為、欠場につき試合中止

エンターテインメントマッチの部

第4試合 メインイベント スペシャルタッグマッチ 10分一本勝負 エンタメキックボクシング特別ルール
〇久高 秀樹 & 宮城 和也(名護ムエタイスクール)
×ヒロキ“アイアンマン”ワイズディージム & Mr.X(チーム豊見城)
判定1-0 ※特別ルールにつきレフェリー兼ジャッジ1名の判断による

第3試合 1分2回戦 エンタメキックボクシングルール
〇シュウサク(志喜組/エボリューションムエタイジム)
×カズキ(ZST)
判定3-0 20-19、20-17、20-18

第2試合 1分2回戦 エンタメキックボクシングルール
△シンキ(志喜組/エボリューションムエタイジム)
△あっちゃん(ZST)
判定1-0 20-20、20-20、20-18

第1試合 1分2回戦 エンタメキックボクシングルール
◎シュウゴ(志喜組/エボリューションムエタイジム)
×優樹(ZST)

アマチュアファイトの部

第10試合 バンタム級(61.2kg) 3分2回戦 アマチュア修斗ルール
×知念 健(グランドスラム沖縄A.P.P)
◎平良 達郎(Theパラエストラ沖縄)
TO 1R 1分5秒 チョークスリーパー

第9試合 58kg契約 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
△佐喜眞 祐作(エボリューションムエタイジム)
△川端 駿太(reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)
判定1-0 19-19、20-18、20-20

第8試合 60kg契約 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇岩舘 博則(エボリューションムエタイジム)
×カーズー(虎の穴)
20-19、20-19、20-18

第7試合 60kg契約 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇大城 竜生(エボリューションムエタイジム)
×ゆずき(虎の穴)
不戦勝 ゆずきの試合放棄(未来場)

第6試合 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇比嘉 理喜(エボリューションムエタイジム)
×上江洲 請羽(拳勢会)
判定3-0 20-18、20-18、20-18

第5試合 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇伊志嶺 恵莉菜(糸満ジム)
×岸本 翔龍(エボリューションムエタイジム)
判定2-1 20-18、19-19、20-18

第4試合 90秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
×藤原 大也(名護ムエタイスクール)
〇岸本 翔舞(エボリューションムエタイジム)
判定0-3 17-20、17-20、17-20

第3試合 60秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇山里 真桜[ヤマザト・マオ](名護ムエタイスクール)
×瑞慶村 麗美[ズケムラ・レイミ](沖縄剛柔琉空手道人道館)
判定3-0 20-18、20-18、20-18

第2試合 90秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
×山里 レン(名護ムエタイスクール)
〇具志堅 廣斗(龍武會)
判定0-3 18-20、18-20、18-20

第1試合 90秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
◎平良 みなる(名護ムエタイスクール)
×伊藤 大将(Y'ZD豊見城)
KO 1R 1分9秒

空手道の部

第12試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇銘苅 琉王(白蓮会館宜野湾道場)
×比嘉 辰之介(屋部小学校空手部)
判定3-0

第11試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇上江洲 請羽(拳勢会)
×諸井 律樹(優斗会館)
判定2-0

第10試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇石原 昌(元歩の会)
×具志堅 廣斗(龍武會)
判定3-0

第9試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
△比嘉 千加志(元歩の会)
△屋比久 凛汰(拳勢会)
判定1-1

第8試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
×伊志嶺 英太(元歩の会)
〇渡具知 惺那(拳勢会)
判定0-3

第7試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
△棚原 康世(元歩の会)
△松崎 洸和(拳勢会)
判定1-0

第6試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
△比嘉 祐志(元歩の会)
△比嘉 志道(拳勢会)
判定1-1

第5試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇屋嘉比 萌衣(拳勢会)
×平田 結愛(元歩の会)
判定3-0

第4試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇吉浜 功斗来(拳勢会)
×領井 政斗(拳勢会)

第3試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇小那覇 煌太郎(優斗会館)
×比嘉 麗巳乙(拳勢会)
判定3-0

第2試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇諸井 律樹(優斗会館)
×松崎 里輝(拳勢会)
判定3-0

第1試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
×諸井 海里(優斗会館)
〇比嘉 礼(拳勢会)
判定0-3

主要試合のレポート及び写真は、近日中に追加いたします。

いよいよ、あと4日と迫った「レキオバトル名護 vol.1」旗揚げ興行に際し、最後の試合が決定いたしました。

スペシャルエキジビジョンマッチ 3分1回戦 MMAルール
仲宗根 武蔵(Theパラエストラ沖縄/元TENKAICHI MMA バンタム級王者)
MCたわし(Theパラエストラ沖縄)

nakasonemusasi emusi-tawasi

今回、レキオバトル名護の発足にあたり、エボリューションムエタイジム、名護ムエタイスクール、グランドスラム沖縄A.P.Pと名護に門を構えるジムが集結し、マサ佐藤、サムライ・カイト、ダイスケ、Kイチローといった北部のトップファイターたちが集結して第1回興行を盛り上げてくれています。

その中にどうしても加わってほしい選手、それが仲宗根武蔵であります。

仲宗根は、名護出身のMMAファイター。“修斗ジャンキー”の異名を持つ元世界王者、松根良太に師事し、沖縄MMA次代のエースとしてバトンを託された者であることを本人を含めた関係者、誰もが認める逸材です。当然、真っ先に当方から試合のオファーがかけられましたが、流石、修斗の申し子の愛弟子、プロフェッショナル修斗の公式戦を最優先することから返事は保留とされていました。

そこで青天の霹靂、仲宗根が網膜裂傷(失明の危険性がある怪我)を負い、しばらく試合から遠ざからなければならなくなってしまった緊急事態。「残念ながら北部オールスター勢ぞろいとはならなかったか」と当方が残念がっていたところ、医師の診断による判断を経て、本人の強い希望によるエキジビジョンマッチ参戦が実現することとなりました。

相手を務めるのは、同門の弟弟子であるMCたわし。

手術から約1ヵ月の無理を押して旗揚げ興行に花添えをしてくれようとする彼の気持ちは、きっと大きな栄養となり大木と育つ力となることでしょう。そんな好漢の復活への序曲を、是非、お楽しみください!

このイベントの詳細につきましてはコチラをご覧ください。

FMヤンバルで毎週月曜日15:00から16:00のレギュラー番組「やんばるスポーツ編集社」内の特集コーナー「熱血硬派!レキオバトル」第1回が本日(4月10日)放送されました。

FMyanbaru_logo

第1回のゲストは「レキオバトル名護」の主催となる名護ファイティングスポーツ実行委員会の代表、大島健太が4月23日興行「レキオバトル名護 vol.1」の見どころを語っております。

その様子は、5月10日前後まで下記のUSTREAMから視聴することができます。

http://www.ustream.tv/recorded/101956737

著作権の都合上、番組内で流れた曲は、聞くことができませんのであしからず。

「知れば10倍イベントが面白くなる情報」を予定時間を大幅にオーバーしてお話しさせていただきましたので、是非、ご視聴くださいませ!

番組内コーナー名:熱血硬派!レキオバトル
番組名:やんばるスポーツ編集社
放送局:FMやんばる
周波数:77.6 MHz
放送日時:毎週月曜日15:15より10分以上(「やんばるスポーツ編集社」は15:00から16:00)
パーソナリティ:ジョバンニ新城、ヤンヤン金城
ゲスト:大島健太(名護ファイティングスポーツ実行委員会) 
「FMやんばる」公式サイト:http://fmyanbaru.co.jp
USTREAM「FMやんばる」チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/fmyanbaru

4月23日「レキオバトル名護 vol.1」にて、プロ本戦前に行うアマチュアマッチでキックボクシング一般の部、キックボクシングジュニアの部ともにまだ出場枠がございます。よろしければ、是非、ご参戦ください! 対戦相手が当てはまり次第、決定させていただきます!

IMG_1768

レキオバトル名護 vol.1 アマチュア大会

参加費:無料
セコンドパス:1ジムにつき3枚発行(代表含む)
チケット販売:自由席 3,000円 ※セコンドパスのない関係者の入場もチケットが必要となります。
集合時間:13:00(空手道の部は12:00)
勝利者賞:勝利者全員に記念メダル授与
補足:自選入場曲にて花道入場可。スクリーンに対戦画面が映写。
基本ルール:初級が90秒×2ラウンド(インターバル30秒)、中級が2分×2ラウンド(インターバル1分)、上級が2分2ラウンド(インターバル1分/延長2分1ラウンドあり)、首相撲無制限(クリンチ即ブレイク)、顔面ヒザ蹴り禁止、ヘッドギア・レッグガード・ニーガード装着義務、グローブ12オンス。

IMG_1783

お申込み、ご質問は、名護ファイティングスポーツ実行委員会事務局(TEL 0980-43-6537/lequiobattle@gmail.com)までいつでもどうぞ!

参加費無料でプロのような入場と雰囲気が味わえるよい機会、是非! 

沖縄北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)を中心に配信されている地元密着型ラジオ放送局「FMやんばる」の毎週月曜日レギュラー番組「やんばるスポーツ編集社」内でレキオバトル名護の特集コーナー「熱血硬派!レキオバトル」が4月10日より開始されることとなりました。

FMyanbaru_logo

ここでは10分以上にわたり、沖縄北部から毎年4月と10月に開催されるレキオバトル名護の情報を中心に格闘技情報バラエティーをお送りします。

まずは、4月23日、名護市民会館で行われる「LEQUIO BATTLE NAGO vol.1(レキオバトル名護 vol.1)」の特集をお送りしつつ、選手や関係者をゲストに迎えるなどして盛り上げてまいります。

また、当番組は放送から約1ヶ月間ほど、動画配信サイトUSTREAMの「FMやんばる」チャンネル内で視聴することができます。

また、当コーナー発足にあたり第0回として4月3日に放送された番組が以下のURLより公開されております。


「熱血硬派!レキオバトル」は、35分から48分となっております。

番組内コーナー名:熱血硬派!レキオバトル
番組名:やんばるスポーツ編集社
放送局:FMやんばる
周波数:77.6 MHz
放送日時:毎週月曜日15:15より10分以上(「やんばるスポーツ編集社」は15:00から16:00)
パーソナリティ:ジョバンニ新城、ヤンヤン金城
「FMやんばる」公式サイト:http://fmyanbaru.co.jp
USTREAM「FMやんばる」チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/fmyanbaru

↑このページのトップヘ