レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」
 
今年4月23日に第1回興行を沖縄県名護市で開催させていただきました格闘技イベント「レキオバトル名護」の第2回興行を本年(2017年)12月2日(アマ)と3日(プロ)の両日にわたり、今回から始まる沖縄北部とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する形で、あけみおスカイドームにて開催することと相成りました。
 
「レキオバトル名護 vol.2」興行概要
 
イベント名:LEQUIO BATTLE NAGO vol.2(レキオバトル名護 vol.2)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:あけみおスカイドーム(沖縄県名護市字宮里492)
日時(アマ):2017年12月2日(土) 12:00開場 13:00試合開始予定
日時(プロ):2017年12月3日(日) 12:00開場 13:00試合開始予定
入場料:12月2日のアマは無料、12月3日のプロは有料
チケット前売り: 全席自由席3,000円(税込)
チケット販売所:FMやんばる事務所(沖縄県名護市城1丁目7番6号/名護市営市場アーケード崎浜商店街内/9:00~21:00/土日休)、名護ファイティングスポーツ実行委員会事務局(沖縄県名護市大東2-20-3/15:00~22:00/日曜日休み)、公式サイト、公式ブログ、参加各ジム、各選手
お問合せ:TEL&FAX 0980-43-6537/email lequiobattle@gmail.com
公式サイト:http://lequiobattle.sakura.ne.jp
Facebookページ:https://www.facebook.com/lequiobattlenago
Twitter:https://twitter.com/lequiobattle
 
このイベントは、平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業として運営されます。

その他の情報、詳細は「ニュース」「イベント情報」「予定カード」などのコンテンツをご覧ください。

「やんばるタイ祭2017」イベント概要
 
イベント名:やんばるタイ祭2017
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:あけみおスカイドーム(沖縄県名護市字宮里492)
日時:2017年12月2日(土)及び3日(日) 11:00開場 20:00終了予定
入場料:無料 ※12月3日(日)「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」観戦にはチケットが必要となります。
 
タイと琉球の歴史や文化の交流を軸に、スポーツ(ムエタイ)や歴史、文化、タイ料理、タイ雑貨、タイマッサージ、タイ舞踊、古式ムエタイ、トゥクトゥクの試乗会などタイに特化したイベント(お祭り)を開催いたします。タイ料理を中心とした屋台や特設ステージで繰り広げるパフォーマンス、癒しのタイマッサージなどお楽しみください。

news

FMヤンバルで毎週月曜日15:00から16:00のレギュラー番組「やんばるスポーツ編集社」内の特集コーナー「熱血硬派!レキオバトル」第1回が本日(4月10日)放送されました。

FMyanbaru_logo

第1回のゲストは「レキオバトル名護」の主催となる名護ファイティングスポーツ実行委員会の代表、大島健太が4月23日興行「レキオバトル名護 vol.1」の見どころを語っております。

その様子は、5月10日前後まで下記のUSTREAMから視聴することができます。

http://www.ustream.tv/recorded/101956737

著作権の都合上、番組内で流れた曲は、聞くことができませんのであしからず。

「知れば10倍イベントが面白くなる情報」を予定時間を大幅にオーバーしてお話しさせていただきましたので、是非、ご視聴くださいませ!

番組内コーナー名:熱血硬派!レキオバトル
番組名:やんばるスポーツ編集社
放送局:FMやんばる
周波数:77.6 MHz
放送日時:毎週月曜日15:15より10分以上(「やんばるスポーツ編集社」は15:00から16:00)
パーソナリティ:ジョバンニ新城、ヤンヤン金城
ゲスト:大島健太(名護ファイティングスポーツ実行委員会) 
「FMやんばる」公式サイト:http://fmyanbaru.co.jp
USTREAM「FMやんばる」チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/fmyanbaru

4月23日「レキオバトル名護 vol.1」にて、プロ本戦前に行うアマチュアマッチでキックボクシング一般の部、キックボクシングジュニアの部ともにまだ出場枠がございます。よろしければ、是非、ご参戦ください! 対戦相手が当てはまり次第、決定させていただきます!

IMG_1768

レキオバトル名護 vol.1 アマチュア大会

参加費:無料
セコンドパス:1ジムにつき3枚発行(代表含む)
チケット販売:自由席 3,000円 ※セコンドパスのない関係者の入場もチケットが必要となります。
集合時間:13:00(空手道の部は12:00)
勝利者賞:勝利者全員に記念メダル授与
補足:自選入場曲にて花道入場可。スクリーンに対戦画面が映写。
基本ルール:初級が90秒×2ラウンド(インターバル30秒)、中級が2分×2ラウンド(インターバル1分)、上級が2分2ラウンド(インターバル1分/延長2分1ラウンドあり)、首相撲無制限(クリンチ即ブレイク)、顔面ヒザ蹴り禁止、ヘッドギア・レッグガード・ニーガード装着義務、グローブ12オンス。

IMG_1783

お申込み、ご質問は、名護ファイティングスポーツ実行委員会事務局(TEL 0980-43-6537/lequiobattle@gmail.com)までいつでもどうぞ!

参加費無料でプロのような入場と雰囲気が味わえるよい機会、是非! 

沖縄北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)を中心に配信されている地元密着型ラジオ放送局「FMやんばる」の毎週月曜日レギュラー番組「やんばるスポーツ編集社」内でレキオバトル名護の特集コーナー「熱血硬派!レキオバトル」が4月10日より開始されることとなりました。

FMyanbaru_logo

ここでは10分以上にわたり、沖縄北部から毎年4月と10月に開催されるレキオバトル名護の情報を中心に格闘技情報バラエティーをお送りします。

まずは、4月23日、名護市民会館で行われる「LEQUIO BATTLE NAGO vol.1(レキオバトル名護 vol.1)」の特集をお送りしつつ、選手や関係者をゲストに迎えるなどして盛り上げてまいります。

また、当番組は放送から約1ヶ月間ほど、動画配信サイトUSTREAMの「FMやんばる」チャンネル内で視聴することができます。

また、当コーナー発足にあたり第0回として4月3日に放送された番組が以下のURLより公開されております。


「熱血硬派!レキオバトル」は、35分から48分となっております。

番組内コーナー名:熱血硬派!レキオバトル
番組名:やんばるスポーツ編集社
放送局:FMやんばる
周波数:77.6 MHz
放送日時:毎週月曜日15:15より10分以上(「やんばるスポーツ編集社」は15:00から16:00)
パーソナリティ:ジョバンニ新城、ヤンヤン金城
「FMやんばる」公式サイト:http://fmyanbaru.co.jp
USTREAM「FMやんばる」チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/fmyanbaru

プロフェッショナルとアマチュア、空手道の部の3部で構成される当イベントで、プロ部門で決定したスペシャルエキジビジョンマッチを新たに発表させていただきます。

キックボクシング スペシャルエキジビジョンマッチ 3分2回戦 キックボクシングルール
マサ 佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者、西日本統一ライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者)
中村 広輝(赤雲會/LEGENDライト級王者、元TENKAICHI KICK ライト級王者、元全沖縄ライト級王者)

masasatou nakamurahiroki

二人の沖縄トップファイター夢の激突が実現します!

マサ佐藤は、出身こそ東京都墨田区ながら幼少期の多くを沖縄で過ごし、高校卒業と同時に移住、名護に居を定め、極真空手をベースに名護ムエタイスクールでキックボクシングを習得し、K-SPIRITなどを中心に活躍してきました。その実力が大きく開花したのは、昨年のこと。8月20日から中国全土で一斉に開始された英雄伝説アジアチャンピオントーナメントで中泰日の強豪選手16名を相手に4度勝ち抜き英雄伝説アジア64kg級王者となったのです。

この快挙により一気に沖縄を代表するキックボクサーとなった佐藤には、先月(3月)、あまりにも大きなチャンスが予定されていました。アントニオ猪木が、今年3月23日、パキスタンとインドの国境の町、ワーガで世界平和プロジェクト「ファイト&ピース」を計画。ここでムエタイ2013年MVP選手、パコーン・PKセーンチャイムエタイジム(タイ)とのビッグマッチが内定し、発表されたのです。

このオファー以前に佐藤の「レキオバトル名護 vol.1」出場も予定されてはいましたが、勝敗の如何にかかわらずパコーンと戦って1か月後に公式戦ができる可能性は薄いとの判断でエキジビジョンマッチ出場の判断がなされた次第です。残念ながらパキスタン興行は、政情不安などが理由で順延となった模様。ですが、そのままの予定で今回は模範試合の参戦と相成りました。

ここでその相手としてピックアップされたのが“琉球鉄拳”中村広輝です。

中村は“琉球伝説の空手家”大宜見朝覺(おおぎみ・ちょうかく)の愛弟子として10代のころから沖縄で図抜けた強さを誇り、一撃必倒の鉄拳を武器に東京遠征を盛んに行い、2015年7月12日、当時、REBELS 65kg級王者の水落洋祐を右フック一発で昏倒させる衝撃KO勝利を収めるなど数々の殊勲を上げ、全国区で活躍するオキナワンキックボクサーとして尊敬を集める存在であります。

実は、この一戦、今回興行のメインイベントとして真っ先に計画されたのですが、ライト級(61.23kg)をベストとしてスーパーライト級(63.5kg)までを上限とする佐藤と65kgを下限リミットとする中村でどうしても契約体重が折り合わず公式戦が成り立たなかった経緯があります。

当プロモーションが赤雲會の練習に取材に行った際、同興行に出場する宮城寛克とノーヘッドギアで試合と見まがうほどの猛烈なガチンコスパーリングを繰り広げる中村を指差し、大宜見会長は「これをやれば面白いだろ」とニヤリと笑ってみせました。

気の強さなら“名護の闘将”マサ佐藤も折り紙つき。

このエキジビジョンマッチは、普通で終わるわけのない雰囲気を漂わせています。そんな両者の激突にご期待ください!

尚、当興行に関する概要はコチラをご覧ください。 

4月23日「レキオバトル名護 vol.1」にて以下の追加カードが決定いたしました。

キックボクシング 70kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
渡慶次 賀文[トケシ・ヨシフミ](名護ムエタイスクール)
ジェームス光(フリー)

tokesiyosihumi zye-musuhikaru

渡慶次は「金武(きん)出身初」として、今回、プロデビュー。

ジェームスは、タレント俳優として特撮ヒーロー番組「琉神マブヤー5」のハブデービル♡ヒカル役などで知られるファイターで、今回、2015年11月29日以来、久々の試合となります。

尚、当興行に関する概要はコチラをご覧ください。 

↑このページのトップヘ