レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」御礼

2017年12月2日(土)3日(日)の両日にわたり行われました当イベントにお越しになっていただきました皆様、誠にありがとうございました! お陰様を持ちまして、無事故、大盛況でこれを閉幕することができました。

これは、沖縄北部最大の室内競技場、あけみおスカイドームにて、沖縄とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業であり、名護市や名護市観光協会、公益財団法人沖縄県体育協会、在京タイ王国大使館、タイ国政府観光庁大阪事務所より後援をいただきました。

2日間で総入場者数1万名を超えることとなり、初日のアマ大会、二日目のプロ大会共に大入りで、試合は、ピームエ(ムエタイ音楽)楽団をタイより招へいしての生演奏で行われ、ゲーオ・ウィラサクレックとゴンナパー・ウィラサクレック、ノントゥム・パリンヤーのムエタイスターズのエキジビジョンマッチで盛り上がり、ムエボラン(古式ムエタイ)演武やルーシーダットン(古式タイヨガ)、アクロヨガ(アクロバットとタイ式マッサージの融合)、タイポップライブなどのアトラクション、タイから料理人とマッサージ師を招いてのタイ料理店やタイ式マッサージ店をはじめとする出店、沖縄とタイの文化交流展や沖縄北部物産店で来場者様にお楽しみいただけるよう趣向を凝らしました。

また、次回の予定が立ちましたら、ここでご報告させていただきます。

おわりに関わっていただいたすべての方々に感謝を捧げ、ご多幸を祈らせていただきます!

news

12月3日「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」で行われるムエタイルールの試合は、すべて生演奏の音楽付きで行われることが決定いたしました。

36-PMタイで行われるムエタイは、国技として厳粛なルールや決まりごとがありますが、ムエタイが源流となる類似競技、キックボクシングと大きく異なるのは、試合前にリングで行う舞踏儀礼「ワイクルー」とワイクルー中と試合中に流れるピームエ(ムエタイ音楽)の存在です。

海外で行われるムエタイは、ワイクルーこそ省略しないことがあるものの、専門家である楽団を招聘してのピームエを実行することはほとんどなく、代用としてCDなど既製品を代用するに留まることが通常のところ、「沖縄とタイの文化交流」を旨とする当イベントでは、特別に専門楽団を招聘することとなりました。

muay-thai-music-pi-muay-wピームエは、独特の音色とメロディーを奏でるだけでなく、試合の流れを見て、時として闘いの激しさを加速させるなどの役目も担います。それは、音楽演奏だけではなく、試合内容を実地で判断しながらパフォーマンスを調整する特殊技術です。試合がダレていれば、攻防を促したり、ラウンド終了近くにはハイテンポになるなどが定番ですが、それを直のライブによる判断で指揮演奏されるので、自ずと試合がエキサイティングな方向に導かれることとなります。

 

タイ以外で行われるラジャダムナンスタジアムやルンピニーの認定タイトルマッチ、ムエタイ世界王座戦でも行われることのない試みにご期待ください!

本年12月2日(土)3日(日)、あけみおスカイドームで行われます「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」のポスターを来週より配布させていただきます。

20171202-3-luquiobattle-pos-1
 
店舗や店内、人目に付くどこにでも、または、ご自身のコレクションアイテムとして、貼っていただける方には、もちろん無償で差し上げます。
 
名護ファイティングスポーツ実行委員会事務局(エボリューションムエタイジム内)
沖縄県名護市大東2-20-3
TEL 0980-43-6537
15:00~22:00/日曜日休み
 
名護十字路近く、大中(南)交差点付近、ローソン前の黄色い看板の建物(1F)です。
 
よろしくお願いいたします!

本年4月23日より“沖縄北部から発信する格闘技ベント”として旗揚げいたしました「レキオバトル名護 vol.1」は、アマ大会も含めて無事成功と相成りました。これも皆様のご協力あってこそと改めて御礼申し上げます。

さて、この度、第2回目の開催となる「レキオバトル名護 vol.2」を本年12月2日に開催することとなりました。会場は、前回から変わって「あけみおスカイドーム」となり、ムエタイを国技とする“タイ”をコンセプトにタイ料理屋台や古式ムエタイ演武など盛りだくさんの「やんばるタイ祭2017」と同時開催し、沖縄県スポーツツーリズム、名護市、タイ大使館などの後援を得て、より良く大規模に成長しております。

賑やかなお祭りの中、プロのような華やかな舞台で普段の練習の成果を試す舞台、是非、ご活用ください。

イベント名:レキオバトル名護 vol.2

主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会

会場:あけみおスカイドーム(沖縄県名護市字宮里492)

日時:2017年12月2日(土) 12:00集合 13:00試合開始予定

お問合せ:名護ファイティングスポーツ実行委員会アマチュア部 TEL&FAX:0980-43-0016(担当:近藤)

対象:ファイティングスポーツの練習に励む健全な男女

ルール:キックボクシング(首相撲膠着即ブレイク、頭部ヒザ蹴り禁止)

申込締切日:11月10日(金)

申込クラス:申込ルール別に「体重」「戦績」「年齢」「練習歴」などを考慮して適正な組み合わせでマッチメイクします。その際、申込データから判断し、試合レベル(AからC)を決定します。
【注意】もし適正な相手が見つからなかった場合は、試合不成立となる場合がござ います。その場合、必ず事前にお知らせします。

試合レベル:レベルA(2分×2ラウンド)、レベルB(90秒×2ラウンド)、レベルC(1分×2ラウンド)

防具:グローブ(12onz)、レッグガード(布製)、ファウルカップ(女性はアブスメントガード)、ニーパット(膝あて)、バンテージ(または軍手)、マウスピース
【注意】グローブは、主催者が用意。それ以外は、持参が基本ですが、バンテージとマウスピース以外は、事前に申し出があった場合。主催者側のレンタルも可能です。また、ヘッドギアは、両者の合意と主催者の許可が揃えば装着しなくてもよい場合があります。

参加費:一律3,000円(税込)
【特典】翌日12月3日(日)同所で開催される「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」の自由席チケット(定価税込3,000円)付き。

観戦:無料
【注意】翌日12月3日の「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」は有料。

勝利者賞:試合勝者全員にメダルを進呈(ドローはなし)。

保険:スポーツ安全保険、または、その他の傷害保険に加入済みであることを確認します。無加入の場合、スポーツ安全保険(大人1,850円/年、中学生以下800円/年)に加入していただきます。

申込方法:インターネットフォームで送信、または、申込書をダウンロードの上、FAX(0980-43-0016)してください。

インターネットでお申し込み!

申込書をダウンロード!

イベント名:LEQUIO BATTLE NAGO vol.1(レキオバトル名護 vol.1)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:名護市民会館・中ホール
日時:2017年4月23日(日)

◎KOまたはTKO、TO勝ち
○判定勝ち
×負け
△引き分け

プロフェッショナルの部

第11試合 ダブルメインイベント 57.2kg契約 3分3回戦(延長1R) キックボクシングルール
〇ダイスケ(エボリューションムエタイジム/TENKAICHI KICK ライト級王者)
×翔平(シャイン沖縄/TENKAICHI KICK フェザー級3位)
判定3-0 30-26、30-27、30-27

第10試合 ダブルメインイベント フライ級(50.8kg) 3分5回戦 ムエタイルール
×サムライ・カイト(ナムサックノーイムエタイクラブ/エボリューションムエタイジム)
◎仲山 大雅(RIOT GYM)
KO 3R 1分37秒

第9試合 スペシャルエキジビジョンマッチ 3分2回戦 キックボクシングルール
マサ 佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者、西日本統一ライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者)
中村 広輝(赤雲會/LEGENDライト級王者、元TENKAICHI KICK ライト級王者、元全沖縄ライト級王者)
※エキジビジョンマッチにつき勝敗なし

第8試合 65kg契約 5分2回戦 MMAルール
◎Kイチロー(フリー/TENKAICHI MMA フェザー級王者)
×ロマネコンティ銀座(U-SPIRIT JAPAN 町田)
KO 2R 2分50秒

第7試合 ウェルター級(66.68kg)契約 3分3回戦(延長1R) キックボクシングルール
×宮城 寛克(赤雲會)
〇モンコンペット・ワイズディー(タイ/Y’ZD豊見城/元タイ北部ランキング5位)
判定1-2 30-28、27-30、28-29

第6試合 ピン級(45.36kg) 2分3回戦 ムエタイ特別ルール(肘打ちなし)
〇ドゥワンダーウノーイ・エボリューション(タイ/エボリューションムエタイジム・チームナムサックノーイ/元WPMF世界女子ミニフライ級級王者)
×田中“暴君”藍(PCK亘理/Lantre du Lion/聖域東北ライトフライ級王者)
判定3-0 30-28、30-28、29-29

第5試合 スペシャルエキジビジョンマッチ 3分1回戦 MMAルール
仲宗根 武蔵(Theパラエストラ沖縄/元TENKAICHI MMA バンタム級王者)
MCたわし(Theパラエストラ沖縄)
※エキジビジョンマッチにつき勝敗なし

第4試合 65kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
◎ワンパンマン 浦野(名護ムエタイスクール)
×ルイージ(虎の穴/TENKAICHI KICK ライト級8位)
TKO 3R 1分40秒

第3試合 バンタム級(53.52kg)契約 2分3回戦 ムエタイ特別ルール(肘打ちなし)
〇ンガオプラチャン・ルークサーイコンディン(タイ/エボリューションムエタイジム・チームナムサックノーイ)
×佐藤“魔王”応紀(PCK連闘会/聖域チャレンジ女子フライ級王者)
判定2-0 30-30、28-30、27-30

第2試合 62kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
×渡邊 恭祐(名護ムエタイスクール)
〇沼田 海斗(エボリューションムエタイジム)
判定0-3 30-28、30-28、30-28

第1試合 70kg契約 3分3回戦 キックボクシングルール
渡慶次 賀文(名護ムエタイスクール)
ジェームス光(フリー)
※ジェームス光、親近者急逝の為、欠場につき試合中止

エンターテインメントマッチの部

第4試合 メインイベント スペシャルタッグマッチ 10分一本勝負 エンタメキックボクシング特別ルール
〇久高 秀樹 & 宮城 和也(名護ムエタイスクール)
×ヒロキ“アイアンマン”ワイズディージム & Mr.X(チーム豊見城)
判定1-0 ※特別ルールにつきレフェリー兼ジャッジ1名の判断による

第3試合 1分2回戦 エンタメキックボクシングルール
〇シュウサク(志喜組/エボリューションムエタイジム)
×カズキ(ZST)
判定3-0 20-19、20-17、20-18

第2試合 1分2回戦 エンタメキックボクシングルール
△シンキ(志喜組/エボリューションムエタイジム)
△あっちゃん(ZST)
判定1-0 20-20、20-20、20-18

第1試合 1分2回戦 エンタメキックボクシングルール
◎シュウゴ(志喜組/エボリューションムエタイジム)
×優樹(ZST)

アマチュアファイトの部

第10試合 バンタム級(61.2kg) 3分2回戦 アマチュア修斗ルール
×知念 健(グランドスラム沖縄A.P.P)
◎平良 達郎(Theパラエストラ沖縄)
TO 1R 1分5秒 チョークスリーパー

第9試合 58kg契約 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
△佐喜眞 祐作(エボリューションムエタイジム)
△川端 駿太(reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)
判定1-0 19-19、20-18、20-20

第8試合 60kg契約 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇岩舘 博則(エボリューションムエタイジム)
×カーズー(虎の穴)
20-19、20-19、20-18

第7試合 60kg契約 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇大城 竜生(エボリューションムエタイジム)
×ゆずき(虎の穴)
不戦勝 ゆずきの試合放棄(未来場)

第6試合 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇比嘉 理喜(エボリューションムエタイジム)
×上江洲 請羽(拳勢会)
判定3-0 20-18、20-18、20-18

第5試合 2分2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇伊志嶺 恵莉菜(糸満ジム)
×岸本 翔龍(エボリューションムエタイジム)
判定2-1 20-18、19-19、20-18

第4試合 90秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
×藤原 大也(名護ムエタイスクール)
〇岸本 翔舞(エボリューションムエタイジム)
判定0-3 17-20、17-20、17-20

第3試合 60秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
〇山里 真桜[ヤマザト・マオ](名護ムエタイスクール)
×瑞慶村 麗美[ズケムラ・レイミ](沖縄剛柔琉空手道人道館)
判定3-0 20-18、20-18、20-18

第2試合 90秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
×山里 レン(名護ムエタイスクール)
〇具志堅 廣斗(龍武會)
判定0-3 18-20、18-20、18-20

第1試合 90秒2回戦 アマチュアキックボクシングルール
◎平良 みなる(名護ムエタイスクール)
×伊藤 大将(Y'ZD豊見城)
KO 1R 1分9秒

空手道の部

第12試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇銘苅 琉王(白蓮会館宜野湾道場)
×比嘉 辰之介(屋部小学校空手部)
判定3-0

第11試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇上江洲 請羽(拳勢会)
×諸井 律樹(優斗会館)
判定2-0

第10試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇石原 昌(元歩の会)
×具志堅 廣斗(龍武會)
判定3-0

第9試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
△比嘉 千加志(元歩の会)
△屋比久 凛汰(拳勢会)
判定1-1

第8試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
×伊志嶺 英太(元歩の会)
〇渡具知 惺那(拳勢会)
判定0-3

第7試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
△棚原 康世(元歩の会)
△松崎 洸和(拳勢会)
判定1-0

第6試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
△比嘉 祐志(元歩の会)
△比嘉 志道(拳勢会)
判定1-1

第5試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇屋嘉比 萌衣(拳勢会)
×平田 結愛(元歩の会)
判定3-0

第4試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇吉浜 功斗来(拳勢会)
×領井 政斗(拳勢会)

第3試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇小那覇 煌太郎(優斗会館)
×比嘉 麗巳乙(拳勢会)
判定3-0

第2試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
〇諸井 律樹(優斗会館)
×松崎 里輝(拳勢会)
判定3-0

第1試合 本戦90秒(延長なし) フルコンタクト空手ルール
×諸井 海里(優斗会館)
〇比嘉 礼(拳勢会)
判定0-3

主要試合のレポート及び写真は、近日中に追加いたします。

いよいよ、あと4日と迫った「レキオバトル名護 vol.1」旗揚げ興行に際し、最後の試合が決定いたしました。

スペシャルエキジビジョンマッチ 3分1回戦 MMAルール
仲宗根 武蔵(Theパラエストラ沖縄/元TENKAICHI MMA バンタム級王者)
MCたわし(Theパラエストラ沖縄)

nakasonemusasi emusi-tawasi

今回、レキオバトル名護の発足にあたり、エボリューションムエタイジム、名護ムエタイスクール、グランドスラム沖縄A.P.Pと名護に門を構えるジムが集結し、マサ佐藤、サムライ・カイト、ダイスケ、Kイチローといった北部のトップファイターたちが集結して第1回興行を盛り上げてくれています。

その中にどうしても加わってほしい選手、それが仲宗根武蔵であります。

仲宗根は、名護出身のMMAファイター。“修斗ジャンキー”の異名を持つ元世界王者、松根良太に師事し、沖縄MMA次代のエースとしてバトンを託された者であることを本人を含めた関係者、誰もが認める逸材です。当然、真っ先に当方から試合のオファーがかけられましたが、流石、修斗の申し子の愛弟子、プロフェッショナル修斗の公式戦を最優先することから返事は保留とされていました。

そこで青天の霹靂、仲宗根が網膜裂傷(失明の危険性がある怪我)を負い、しばらく試合から遠ざからなければならなくなってしまった緊急事態。「残念ながら北部オールスター勢ぞろいとはならなかったか」と当方が残念がっていたところ、医師の診断による判断を経て、本人の強い希望によるエキジビジョンマッチ参戦が実現することとなりました。

相手を務めるのは、同門の弟弟子であるMCたわし。

手術から約1ヵ月の無理を押して旗揚げ興行に花添えをしてくれようとする彼の気持ちは、きっと大きな栄養となり大木と育つ力となることでしょう。そんな好漢の復活への序曲を、是非、お楽しみください!

このイベントの詳細につきましてはコチラをご覧ください。

↑このページのトップヘ