レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」御礼

2017年12月2日(土)3日(日)の両日にわたり行われました当イベントにお越しになっていただきました皆様、誠にありがとうございました! お陰様を持ちまして、無事故、大盛況でこれを閉幕することができました。

これは、沖縄北部最大の室内競技場、あけみおスカイドームにて、沖縄とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業であり、名護市や名護市観光協会、公益財団法人沖縄県体育協会、在京タイ王国大使館、タイ国政府観光庁大阪事務所より後援をいただきました。

2日間で総入場者数1万名を超えることとなり、初日のアマ大会、二日目のプロ大会共に大入りで、試合は、ピームエ(ムエタイ音楽)楽団をタイより招へいしての生演奏で行われ、ゲーオ・ウィラサクレックとゴンナパー・ウィラサクレック、ノントゥム・パリンヤーのムエタイスターズのエキジビジョンマッチで盛り上がり、ムエボラン(古式ムエタイ)演武やルーシーダットン(古式タイヨガ)、アクロヨガ(アクロバットとタイ式マッサージの融合)、タイポップライブなどのアトラクション、タイから料理人とマッサージ師を招いてのタイ料理店やタイ式マッサージ店をはじめとする出店、沖縄とタイの文化交流展や沖縄北部物産店で来場者様にお楽しみいただけるよう趣向を凝らしました。

また、次回の予定が立ちましたら、ここでご報告させていただきます。

おわりに関わっていただいたすべての方々に感謝を捧げ、ご多幸を祈らせていただきます!

news

12月3日「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」のメインイベントが以下の通り決定いたしました。

メインイベント 64kg契約 3分5回戦 ムエタイルール
マサ 佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者、蹴拳ムエタイライト級王者、西日本統一ライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者)
トック・タック・トップキング(タイ/CRAZY WOLF/元タイ南部ライト級王者)

masasatou tolukutakku

20161002-masasato-kondoikki沖縄のトップファイター「レキオバトル名護」のエースとも言うべき“やんばる将軍”マサ佐藤が、第2回興行のメインイベントに登場し、タイ人の強豪、トック・タック・トップキングと本格ムエタイルール(インターバル2分の試合中音楽生演奏)で戦います。

佐藤は、出身こそ東京都墨田区ながら幼少期の多くを沖縄で過ごし、高校卒業と同時に移住、名護に居を定め、極真空手をベースに名護ムエタイスクールでキックボクシングを習得し、K-SPIRITなどを中心に活躍してきました。その実力が大きく開花したのは、昨年8月20日から中国全土で一斉に開始された英雄伝説アジアチャンピオントーナメントで中泰日の強豪選手16名を相手に4度勝ち抜き英雄伝説アジア64kg級王者となりました。

14591650_966051053523676_833478802721443936_n更には、今年10月22日、ディファ有明で行われた「蹴拳36」のセミファイナルで、蹴拳ムエタイライト級王者、翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム)の同タイトルに挑み、第5ラウンドにダウンを奪取し見事勝利し、5冠目のベルトを巻いての凱旋試合となります。

14492431_966051193523662_3273995226512287669_n対するトック・タック・トップキングは、元タイ南部ライト級王者で、パワフルな首相撲からのヒザ蹴りとヒジ打ちを得意とするムエカオ(組み膝系)のムエタイファイター。日本での試合でほとんど勝利を収めていますが、キックボクシング大型プロモーション「KNOCK OUT」で活躍中の勝次(目黒藤本ジム)と昨年10月23日に対戦し熱戦を繰り広げるなど、相当の実力者であることは間違いありません。

このところ1年半で10試合を戦い9勝1敗(1敗は中国遠征で英雄伝説の看板選手、カン・エン戦)と
文字通り大器晩成のばく進を続けるマサ佐藤の地元での大暴れにご期待ください!

12月3日「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」のセミファイナルが以下の通り決定いたしました。

セミファイナル 70kg契約 3分5回戦 ムエタイルール
北斗 拳太郎(ボスジムジャパン/SB日本スーパーウェルター級王者、元J-NETWORKスーパーウェルター級王者)
モンコンペット・ライジングドラゴン(タイ/昇竜会/元タイ北部ランキング5位)

hokutokenntarou monnkonnpetto

monnkonnpetto2モンコンペット・ライジングドラゴンは、前回興行(今年4月23日)で、宮城寛克に判定2-1の接戦で勝利した元タイ北部ランキング5位のタイ人選手。攻撃力豊富な宮城のパンチに退かずキックで対抗し熱戦を演じました。

そんな連続参戦のムエタイ選手に純ムエタイルールで対戦するのは、シュートボクシング日本王者“世紀末救世主”北斗拳太郎。漫画『北斗の拳』主人公、ケンシロウを模したキャラクター作りは、徹底されており、ともすればコミカルながら、実力は一級品。シュートボクシングのリングに乗り込み当時のSB日本スーパーウェルター級王者、坂本優起に二度までも勝利し、同タイトルを獲得するなど、日本中量級の中心にいる強豪。

今回の試合は、初の沖縄戦となりますが、本格ムエタイルール(インターバル2分の試合中音楽生演奏)もタイ人選手との試合もこれが初体験。強靭なフィジカルとヒジ打ちを得意とする北斗は、ムエタイでも勝ち抜けるのか?

hokuto3 hokuto2

異色の強者とムエタイ、あまりに異なる両者の対決をお楽しみください!

12月3日「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」のノントゥム・パリンヤーが登場するスペシャルエキジビジョンマッチが以下の通り決定いたしました。

スペシャルエキシビションマッチ 2分2回戦 ムエタイルール
ノントゥム・パリンヤー(タイ)
岡田 敦子(日本ムエタイ協会/初代M-1女子ミニフライ級王者、THE 3RD OPEN INTERNATIONAL MUAYTHAI CHAMPIONSHIPS優勝)

parinnya- okadaatuko

トランスジェンダーファイターとしてその半生が「ビューティフルボーイ」として映画化され、タイでタレントとしても有名なノントゥム・パリンヤーが行うエキジビジョンマッチの対戦相手が、同イベントでムエボラン(古式ムエタイ)を披露する初代M-1女子ミニフライ級王者、岡田敦子となりました。

「白粉を塗る少女」など艶やかで美しいワイクルーを披露しつつ、久々にリングとなるパリンヤーがムエボランの第一人者とどんな動きを魅せるかご注目ください!


その他、新たに以下の公式戦が決定いたしました。

58kg契約 3分3回戦 ムエタイルール
小西 章太(クレイジーウルフ)
島尻 忠哉(DROP)

konisisyouta simaziritadaya

現在調整中の試合を含め、公式戦10試合、EXマッチ2試合、計12試合を予定しております。

12月3日「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」で行われるムエタイルールの試合は、すべて生演奏の音楽付きで行われることが決定いたしました。

36-PMタイで行われるムエタイは、国技として厳粛なルールや決まりごとがありますが、ムエタイが源流となる類似競技、キックボクシングと大きく異なるのは、試合前にリングで行う舞踏儀礼「ワイクルー」とワイクルー中と試合中に流れるピームエ(ムエタイ音楽)の存在です。

海外で行われるムエタイは、ワイクルーこそ省略しないことがあるものの、専門家である楽団を招聘してのピームエを実行することはほとんどなく、代用としてCDなど既製品を代用するに留まることが通常のところ、「沖縄とタイの文化交流」を旨とする当イベントでは、特別に専門楽団を招聘することとなりました。

muay-thai-music-pi-muay-wピームエは、独特の音色とメロディーを奏でるだけでなく、試合の流れを見て、時として闘いの激しさを加速させるなどの役目も担います。それは、音楽演奏だけではなく、試合内容を実地で判断しながらパフォーマンスを調整する特殊技術です。試合がダレていれば、攻防を促したり、ラウンド終了近くにはハイテンポになるなどが定番ですが、それを直のライブによる判断で指揮演奏されるので、自ずと試合がエキサイティングな方向に導かれることとなります。

 

タイ以外で行われるラジャダムナンスタジアムやルンピニーの認定タイトルマッチ、ムエタイ世界王座戦でも行われることのない試みにご期待ください!

本年12月2日(土)3日(日)、あけみおスカイドームで行われます「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」のポスターを来週より配布させていただきます。

20171202-3-luquiobattle-pos-1
 
店舗や店内、人目に付くどこにでも、または、ご自身のコレクションアイテムとして、貼っていただける方には、もちろん無償で差し上げます。
 
名護ファイティングスポーツ実行委員会事務局(エボリューションムエタイジム内)
沖縄県名護市大東2-20-3
TEL 0980-43-6537
15:00~22:00/日曜日休み
 
名護十字路近く、大中(南)交差点付近、ローソン前の黄色い看板の建物(1F)です。
 
よろしくお願いいたします!

↑このページのトップヘ