レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」御礼

2017年12月2日(土)3日(日)の両日にわたり行われました当イベントにお越しになっていただきました皆様、誠にありがとうございました! お陰様を持ちまして、無事故、大盛況でこれを閉幕することができました。

これは、沖縄北部最大の室内競技場、あけみおスカイドームにて、沖縄とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業であり、名護市や名護市観光協会、公益財団法人沖縄県体育協会、在京タイ王国大使館、タイ国政府観光庁大阪事務所より後援をいただきました。

2日間で総入場者数1万名を超えることとなり、初日のアマ大会、二日目のプロ大会共に大入りで、試合は、ピームエ(ムエタイ音楽)楽団をタイより招へいしての生演奏で行われ、ゲーオ・ウィラサクレックとゴンナパー・ウィラサクレック、ノントゥム・パリンヤーのムエタイスターズのエキジビジョンマッチで盛り上がり、ムエボラン(古式ムエタイ)演武やルーシーダットン(古式タイヨガ)、アクロヨガ(アクロバットとタイ式マッサージの融合)、タイポップライブなどのアトラクション、タイから料理人とマッサージ師を招いてのタイ料理店やタイ式マッサージ店をはじめとする出店、沖縄とタイの文化交流展や沖縄北部物産店で来場者様にお楽しみいただけるよう趣向を凝らしました。

また、次回の予定が立ちましたら、ここでご報告させていただきます。

おわりに関わっていただいたすべての方々に感謝を捧げ、ご多幸を祈らせていただきます!

special

第8試合 MMA 65kg契約 5分2回戦 MMAルール
Kイチロー(フリー/TENKAICHI MMA フェザー級王者)
ロマネコンティ銀座(U-SPIRIT JAPAN 町田)

やんばるMMAのパイオニアが爆ぜる!
東京からの侵略者と如何に闘い魅せる?

Kイチローは、沖縄北部で唯一のプロMMAファイターにしてチャンピオンという孤高の存在だ。

沖縄MMAは、この数年、長足の進歩を遂げている。代表選手にしてパイオニアは、パンクラス三冠王者、砂辺光久。指導者としては、Theパラエストラ沖縄の松根良太を中心に彼の愛弟子である仲宗根武蔵や闘心ジムの安谷屋智弘が修斗やDEEPで活躍、更には、日本の誇る格闘技一族、あの山本“KID”徳郁や山本美憂、山本アーセンが移住し、熱もレベルも上がる一方だ。

そんな中、北部では一人、Kイチローが踏ん張り、この地で一流にのし上がろうと努力している。TENKAICHI王者の肩書を持ちながら戦績は、まだそれほど多いわけではないが、ひとつ言えることは、とにかく試合が面白い! レスリングなど寝技にも熱心に取り組む一方、打撃はキックボクサー並。実際、キックのプロ戦績もあり、ここでもハズレのない試合を披露している。強さと魅せる力があってこそ、彼は“沖縄北部MMAの星”たりえるわけで、初の地元興行、勝利は絶対だが、試合内容も非常に問われる一戦となる。

そんな中、対峙する相手は、そう生易しい具合ではなさそうだ。ロマネコンティ銀座、高級ワインと夜のネオンが透けて見える何とも人を食ったリングネームだが、実力は保証付き。PRIDEやK-1で活躍してきた上山龍紀を師匠として、現在、プロデビューから2連勝中。東京は町田市から飽くなき闘争心に薪をくべて来沖する。

さあ、やんばるMMAの開拓者よ、見事、難敵を退け、一流の高みに突き抜けることができるか否か証明せよ!

keiitiro-

リングネーム:Kイチロー Kei-ichiro
所属:フリー
生年月日:1992年10月27日(24歳)
出身地:沖縄県名護市
身長:171cm
戦型:オーソドックス
戦績:10戦6勝(2KO)3敗1分
ステータス:TENKAICHI MMA フェザー級王者

romanekonnthiginnza

リングネーム:ロマネコンティ銀座 Romaneeconti Ginza
所属: U-SPIRIT JAPAN 町田
生年月日:1988年5月15日(28歳)
出身地:神奈川県相模原市
戦績:2戦2勝(2KO)

このイベントの詳細につきましてはコチラをご覧ください。

第7試合 ウェルター級(66.68kg)契約 3分3回戦(延長1R) キックボクシングルール
宮城 寛克(赤雲會)
モンコンペット・ワイズディー(タイ/Y’ZD豊見城/元タイ北部ランキング5位)

只管な強さの求道者が望む飽くなき証明
泰国戦闘職人がその闘魂を受け止める!

赤雲會という琉球空手道の実戦性を究極に高めたエッジに立つ集団がある。創始者は、伝説の達人、大宜見朝覺。氏の恐るべきエピソードは、あまりにも奥深く無数に存在するが、最も素晴らしいのは、その秘伝が若き弟子へと伝播され、それを秘匿せずプロフェッショナルファイティングスポーツの場で実証してみせる現在の在り様。その第一人者が“琉球鉄拳”中村広輝であり、続くは、TENKAICHI KICK フェザー級王者、松山力也、そして、第三に宮城寛克がいる。

宮城は、生粋の赤雲會育ちではなく、Warrior Gymから移籍してきた求道者である。奥武山の武道館で赤雲會は、何を隠すこともなく淡々と修練を積む。ある日、そこには大宜見会長と中村と宮城しかいなかった。そして、行われる稽古は、あまりにも激しいスパーリング。それは練習の域を通り越して決闘のようにさえ見えた。

そんな緊張感を日常とする精鋭軍団が、今夜、ムエタイとの初遭遇を遂げる。

モンコンペット・ワイズディーは、普段、Y'ZD豊見城ジムでトレーナーをしている。だからとて身体に弛みもなく眼光は鋭い。そんな「豊見城の先生」が試合を自ら希望した。日本で初試合。本国タイでは、何百戦したことだろう。

タイ語でムエタイ選手のことを「ナックムエ」という。「ムエ」はムエタイのムエで「戦い」の意。「ナック」は職業を指す前置詞。つまりは「戦闘職人」がナックムエ。彼らに引退の概念はない。必要があって可能であればいつだって戦う。そして、モンコンペットは、今、それができると判断したのだ。

今宵、そんな両者が相見える!

miyagihirokatu

リングネーム:宮城 寛克 Hirokatsu Miyagi
所属:赤雲會
生年月日:1991年8月20日(25歳)
出身地:沖縄県名護市
身長:171cm
戦型:オーソドックス
戦績:13戦4勝(2KO)7敗2分
ステータス:K-SPRITアマチュアキックボクシング70kgトーナメント優勝

monnkonnpetto

リングネーム:モンコンペット・ワイズディー Monkongphet Y’ZD
所属:タイ/Y’ZD豊見城
生年月日:1992年10月27日(24歳)
出身地:沖縄県那覇市小禄
身長:174.5cm
戦型:オーソドックス
戦績:12戦4勝(2KO)7敗2分
ステータス:元タイ北部ランキング5位

このイベントの詳細につきましてはコチラをご覧ください。

第6試合 ムエタイ ピン級(45.36kg) 2分3回戦 特別ムエタイルール(肘打ちなし)
ドゥワンダーウノーイ・エボリューション(タイ/エボリューションムエタイジム・チームナムサックノーイ/元WPMF世界女子ミニフライ級級王者)
田中“暴君”藍(PCK亘理/Lantre du Lion/聖域東北ライトフライ級王者)

ムエタイ姫“小さな流れ星”三度再来沖!
無敗の仙台暴君、勇み前世界王者に挑む!

ドゥワンダーウノーイとその一家(なんと16人兄弟!)は、余程、日本と沖縄に縁があるタイ人だ。

彼女の初来日は、2015年、16歳の世界王者として"日本最強美女”田嶋はるを挑戦者に迎えたタイトルマッチを沖縄コンベンションセンターで行った防衛戦。ここでジムの会長である実父ひとりをセコンドに敵地で戦う準備をしていたところ、同じ控室であったことから助っ人としてサポートしたのが、その前に試合を終えていたサムライ・カイトとその父、儀部慎弥会長だった。世界王座は、田嶋の見事な気迫とヒジ打ちの連打に奪い取られてしまうが、それと引き換えというわけではないだろうが在タイ日本人ナックムエのカイトとその家族との交流を得ることとなる。その信頼の深さは、日本で彼女が試合をする際に従来のジム名、ルーククロンタンをエボリューション(カイトの実家ジム「エボリューションムエタイジム」の意)に変えることからもうかがえる。昨年6月26日、ネーブル嘉手納で443(よしみ)に勝利した際もそこには互いに支えあう儀部家の姿があった。

そして、今春、いよいよもっての初主催興行。ダイスケやカイトと同様に仲間として前世界王者は、計画段階からエントリーされた。だがしかし、相手が見つからない。沖縄島内はもとより、日本全国にアンテナを広げても女子タイ人選手の強豪とムエタイを闘おうという豪胆なレディーファイターは、なかなかに……とマッチメイクに悩んでいたところ敢然と手を挙げたのが"東北の女王たち”を擁するPCK連合だった。

暴君という空恐ろしいミドルネームを持つ田中は、キャリア数戦ながら無敗。昨年11月27日には、JEWELS KICK 47kg級王者である百花を番狂わせで破り無敗記録を伸ばしている。

キャリア差、年齢差、あらゆる面で対照的な二人がどんな試合を見せるのか、事前に想像しつつ見守っていただきたい!

doluwannda-uno-i

リングネーム:ドゥワンダーウノーイ・エボリューション Dowandaawnoi Evolution 
所属: タイ/エボリューションムエタイジム・チームナムサックノーイ
生年月日:1998年10月11日(18歳)
出身地:タイ国
身長:155cm
戦型:オーソドックス
戦績:59戦41勝16敗2分
ステータス:元WPMF世界女子ミニフライ級級王者

tanakaboukunnai

リングネーム:田中“暴君”藍 Ai “Bokun” Tanaka 
所属:PCK亘理/Lantre du Lion
生年月日:1980年4月14日(37歳)
出身地:宮城県仙台市
身長:156cm
戦型:オーソドックス
戦績:4戦4勝
ステータス:聖域東北ライトフライ級王者

このイベントの詳細につきましてはコチラをご覧ください。

FMヤンバルで毎週月曜日15:00から16:00のレギュラー番組「やんばるスポーツ編集社」内の特集コーナー「熱血硬派!レキオバトル」第1回が本日(4月10日)放送されました。

FMyanbaru_logo

第1回のゲストは「レキオバトル名護」の主催となる名護ファイティングスポーツ実行委員会の代表、大島健太が4月23日興行「レキオバトル名護 vol.1」の見どころを語っております。

その様子は、5月10日前後まで下記のUSTREAMから視聴することができます。

http://www.ustream.tv/recorded/101956737

著作権の都合上、番組内で流れた曲は、聞くことができませんのであしからず。

「知れば10倍イベントが面白くなる情報」を予定時間を大幅にオーバーしてお話しさせていただきましたので、是非、ご視聴くださいませ!

番組内コーナー名:熱血硬派!レキオバトル
番組名:やんばるスポーツ編集社
放送局:FMやんばる
周波数:77.6 MHz
放送日時:毎週月曜日15:15より10分以上(「やんばるスポーツ編集社」は15:00から16:00)
パーソナリティ:ジョバンニ新城、ヤンヤン金城
ゲスト:大島健太(名護ファイティングスポーツ実行委員会) 
「FMやんばる」公式サイト:http://fmyanbaru.co.jp
USTREAM「FMやんばる」チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/fmyanbaru

沖縄北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)を中心に配信されている地元密着型ラジオ放送局「FMやんばる」の毎週月曜日レギュラー番組「やんばるスポーツ編集社」内でレキオバトル名護の特集コーナー「熱血硬派!レキオバトル」が4月10日より開始されることとなりました。

FMyanbaru_logo

ここでは10分以上にわたり、沖縄北部から毎年4月と10月に開催されるレキオバトル名護の情報を中心に格闘技情報バラエティーをお送りします。

まずは、4月23日、名護市民会館で行われる「LEQUIO BATTLE NAGO vol.1(レキオバトル名護 vol.1)」の特集をお送りしつつ、選手や関係者をゲストに迎えるなどして盛り上げてまいります。

また、当番組は放送から約1ヶ月間ほど、動画配信サイトUSTREAMの「FMやんばる」チャンネル内で視聴することができます。

また、当コーナー発足にあたり第0回として4月3日に放送された番組が以下のURLより公開されております。


「熱血硬派!レキオバトル」は、35分から48分となっております。

番組内コーナー名:熱血硬派!レキオバトル
番組名:やんばるスポーツ編集社
放送局:FMやんばる
周波数:77.6 MHz
放送日時:毎週月曜日15:15より10分以上(「やんばるスポーツ編集社」は15:00から16:00)
パーソナリティ:ジョバンニ新城、ヤンヤン金城
「FMやんばる」公式サイト:http://fmyanbaru.co.jp
USTREAM「FMやんばる」チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/fmyanbaru

↑このページのトップヘ