レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」御礼

2017年12月2日(土)3日(日)の両日にわたり行われました当イベントにお越しになっていただきました皆様、誠にありがとうございました! お陰様を持ちまして、無事故、大盛況でこれを閉幕することができました。

これは、沖縄北部最大の室内競技場、あけみおスカイドームにて、沖縄とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業であり、名護市や名護市観光協会、公益財団法人沖縄県体育協会、在京タイ王国大使館、タイ国政府観光庁大阪事務所より後援をいただきました。

2日間で総入場者数1万名を超えることとなり、初日のアマ大会、二日目のプロ大会共に大入りで、試合は、ピームエ(ムエタイ音楽)楽団をタイより招へいしての生演奏で行われ、ゲーオ・ウィラサクレックとゴンナパー・ウィラサクレック、ノントゥム・パリンヤーのムエタイスターズのエキジビジョンマッチで盛り上がり、ムエボラン(古式ムエタイ)演武やルーシーダットン(古式タイヨガ)、アクロヨガ(アクロバットとタイ式マッサージの融合)、タイポップライブなどのアトラクション、タイから料理人とマッサージ師を招いてのタイ料理店やタイ式マッサージ店をはじめとする出店、沖縄とタイの文化交流展や沖縄北部物産店で来場者様にお楽しみいただけるよう趣向を凝らしました。

また、次回の予定が立ちましたら、ここでご報告させていただきます。

おわりに関わっていただいたすべての方々に感謝を捧げ、ご多幸を祈らせていただきます!

about

「レキオバトル名護」とは、沖縄県名護市を中心とした北部地区をホームに修練を積む格闘技選手たちの活躍の場として設立されたファイティングスポーツイベントです。

これはレキオバトル名護を運営される目的で結成された「名護ファイティングスポーツ実行委員会」によって主催されます。

lbn-logo-1ここでいう格闘技とは、主に「キックボクシング」「ムエタイ」「MMA(総合格闘技)」「空手道」「グラップリング(組技格闘技)」などを指し、プロフェッショナル及びアマチュアの試合を公式のものとして認定し、ルールやマナーを厳格に管理するものです。

レキオバトルの「レキオ(Lequio)」とは、中世ヨーロッパ人による「琉球王朝(現在の沖縄)」の呼称であり、これに英語で「闘い」を表す「バトル(Battle)」をつなげて「沖縄の格闘技」を表現したイベント名です。つまり「レキオバトル名護」は、沖縄北部から沖縄全島に発信し、更には日本全国、世界各地に羽ばたくファイターを育成することを主旨とし、それと同時にこの沖縄で明るく、楽しく、健やかに格闘技を愛好し、共に楽しめる場であることを任じております。

名護ファイティングスポーツ実行委員会は、レキオバトル名護を催すに当たり、下記の条項を厳守いたします。

・競技的に十分整備されたルール採用し、レフェリーとジャッジからなる審判団を結成し、これを厳正に守ります。
・医師免許を持つリングドクターを1名以上配置し、安全性を高め、不測の事態に備えます。
・参加選手全員に適正な傷害保険の加入を斡旋し、これを義務付けます。
・暴力団や反社会勢力の参入を一切拒否し、健全な興行運営に努めます。 

そして、レキオバトル名護は、2017年4月23日、名護市民会館・中ホールにおける第1回大会を皮切りに、毎年2回(4月と10月)にイベントを定期開催し、沖縄北部や中部のファイターたちが参戦しやすい闘いの場を提供してゆく所存です。

沖縄北部から格闘技で世界へ……是非ともに素晴らしきファイティングスポーツを楽しみ、盛り上げてまいりましょう!

団体名:名護ファイティングスポーツ実行委員会
イベント名:レキオバトル名護
イベント英語名:Lequio Battle NAGO
住所:〒905-0016 沖縄県名護市大東2-20-3-101
TEL&FAX:0980-43-6537
公式ブログ:http://lequiobattle.blog.jp

「レキオバトル名護」のロゴマークが完成しました!

lbn-logo-1

制作者は、沖縄でダントツのハイクオリティワークを誇る「DOKUTOKU460」の城間英樹代表です。城間デザイナーは、沖縄スポーツ界の頂点、プロバスケットチーム、琉球ゴールデンキングスの公式マスコット「ゴーディ―」や全国的にヒット中のフレンチブルキャラクター「BUDOG」などを手掛ける凄腕で、多忙の中、格闘技を愛する氏ならではの気持ちでこのロゴマークを産み出していただきました。

 これは、フレームとして名護市のロゴマークをオマージュしており「名護から世界へ」をテーマとし、破壊しているイメージは「自分に打ち勝て!」「殻を破れ!」というメッセージが込められております。

美しい海と緑深きヤンバルの沖縄北部から、このロゴを旗頭として「レキオバトル名護」を盛り上げてまいりますので、よろしくお願いいたします!

レキオバトル ~アマチュアキックボクシングルール~

試合時間

・上級(目安11戦以上/6勝以上)またはプロ(練習試合として参加)
2分2ラウンド(延長戦なし)
・中級(目安4戦~10戦/3勝~5勝)
90秒2ラウンド(延長戦なし)
・初級(目安:1戦~3戦/0勝~2勝)
90秒2ラウンド(延長戦なし)

防具

・12onzグローブ
・ヘッドギア
・布製レッグガード
・布製ニーパット
・マウスピース
・ファウルカップ(男性)
・アブスメントガード(女性) ※任意

首相撲

・顔面ヒザ蹴り禁止
・基本的に無制限だが膠着即ブレイク
・蹴り足のつかみは、キャッチから1歩以内の攻撃有効 

階級

・希望体重の近い選手の同士で経験や年齢など考慮しマッチメイク
・トーナメントなどで階級を設ける場合あり(例:60kg以下)

反則技

・頭突きや肘打ちなど拳と足とヒザ(顔面以外)以外の打撃
・目つぶし
・下腹部急所への攻撃
・投げやタックル
・攻撃を伴わない組みつき(ホールディング)
・関節技や絞め技
・倒れた相手への攻撃
・レフェリーの制止後の攻撃
・故意に後ろを向くこと
・顔面ヒザ蹴り

レフェリーの注意、警告の後、減点1。減点2回目は、反則負けとなる。反則内容によっては、即時減点、反則負けとなる場合もある。

勝敗

1ラウンド1選手持点10点の減点制。有効打の的確度、相手へのダメージ、積極性を有効ポイントとし、判定、KO(1ラウンド2度のダウンで終了)、TKO(レフェリーストップ)で勝敗を決める。

防具の貸与

布製レッグガード、布製ニーパット、マウスピース、ファウルカップ(男性)、アブスメントガード(女性)は、衛生管理上基本的に貸出しません。各自でご用意ください。

服装

・上着は必ずキックパンツの中に入れること。
・金具、ポケットのついた試合着は禁止。
・上半身を裸(男性のみ)、もしくは、Tシャツやラッシュガードなどを着用のこと。
・所属ジムやチームの名称が明記されたものをできるだけ着用してください。

セコンド

3名以上のセコンドスペースへの立ち入り禁止。インターバル中、リング内に入ることができるのは、1名まで。

注意

・足裏の滑り止め(スプレー、松脂粉末など)の塗布禁止。
・自分の試合前に速やかに防具を装着し待機すること。
・計量オーバーの場合、1時間以内の再計量で不合格なら失格となり出場費没収。
・審判への暴言、判定やレフェリングへの抗議は、一切禁止。
・その他、スポーツマンシップに反する行為は、失格、退場になる場合あり。

保険

出場選手全員、スポーツ安全保険、または障害保険に加入していることを義務付けます。

心得

試合を通じて心身の交流と成長を図り、選手、セコンド、関係者一同、スポーツマンシップに則り正々堂々と闘うこと。

[2017年10月23日改定]

↑このページのトップヘ