レキオバトル名護 ~沖縄北部から格闘技で世界へ!~

2017年春より沖縄県名護市で生まれた格闘技イベントです! アマもプロ、キックボクシング、ムエタイ、MMA、空手道など格闘技で沖縄北部から世界へ!

「レキオバトル名護 vol.2」With「やんばるタイ祭2017」
 
今年4月23日に第1回興行を沖縄県名護市で開催させていただきました格闘技イベント「レキオバトル名護」の第2回興行を本年(2017年)12月2日(アマ)と3日(プロ)の両日にわたり、今回から始まる沖縄北部とタイの交流をコンセプトとしたお祭り「やんばるタイ祭2017」と共催する形で、あけみおスカイドームにて開催することと相成りました。
 
「レキオバトル名護 vol.2」興行概要
 
イベント名:LEQUIO BATTLE NAGO vol.2(レキオバトル名護 vol.2)
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:あけみおスカイドーム(沖縄県名護市字宮里492)
日時(アマ):2017年12月2日(土) 12:00開場 13:00試合開始予定
日時(プロ):2017年12月3日(日) 12:00開場 13:00試合開始予定
入場料:12月2日のアマは無料、12月3日のプロは有料
チケット前売り: 全席自由席3,000円(税込)
チケット販売所:FMやんばる事務所(沖縄県名護市城1丁目7番6号/名護市営市場アーケード崎浜商店街内/9:00~21:00/土日休)、名護ファイティングスポーツ実行委員会事務局(沖縄県名護市大東2-20-3/15:00~22:00/日曜日休み)、公式サイト、公式ブログ、参加各ジム、各選手
お問合せ:TEL&FAX 0980-43-6537/email lequiobattle@gmail.com
公式サイト:http://lequiobattle.sakura.ne.jp
Facebookページ:https://www.facebook.com/lequiobattlenago
Twitter:https://twitter.com/lequiobattle
 
このイベントは、平成29年度スポーツツーリズム戦略推進事業として運営されます。

その他の情報、詳細は「ニュース」「イベント情報」「予定カード」などのコンテンツをご覧ください。

「やんばるタイ祭2017」イベント概要
 
イベント名:やんばるタイ祭2017
主催:名護ファイティングスポーツ実行委員会
会場:あけみおスカイドーム(沖縄県名護市字宮里492)
日時:2017年12月2日(土)及び3日(日) 11:00開場 20:00終了予定
入場料:無料 ※12月3日(日)「レキオバトル名護 vol.2(プロの部)」観戦にはチケットが必要となります。
 
タイと琉球の歴史や文化の交流を軸に、スポーツ(ムエタイ)や歴史、文化、タイ料理、タイ雑貨、タイマッサージ、タイ舞踊、古式ムエタイ、トゥクトゥクの試乗会などタイに特化したイベント(お祭り)を開催いたします。タイ料理を中心とした屋台や特設ステージで繰り広げるパフォーマンス、癒しのタイマッサージなどお楽しみください。

fighter

リングネーム:ダイスケ
英語名:Daisuke
所属:エボリューションムエタイジム
生年月日:1992年7月19日
出身地:沖縄県名護市
身長:168cm
戦型:オーソドックス
戦績:11戦7勝(1KO)3敗1分
ステータス:元TENKAICHI KICK ライト級王者

2017年04月23日 翔平 (シャイン沖縄) ○判定3-0勝ち
2017年06月18日 モンコンチャイ・ムエタイファイタークラブ(MFC)
2017年02月19日 般若HASHIMOTO(志村道場) ×2RKO負け
2016年11月27日 可恭(天下一道場沖縄) △判定1-0ドロー
2016年11月13日 肖立鵬(中国) ×判定0-3負け
2016年09月25日 リュウイチ(神風塾) ○判定2-0勝ち
2016年07月25日 翔平 (シャイン沖縄) ○判定2-0勝ち
2016年05月22日 真木 (ワイルドシーサーコザ) ×1RTKO負け
2015年11月29日 真木 (ワイルドシーサーコザ) ○判定2-0勝ち
2015年09月13日 LUIGI(虎の穴) ○判定3-0勝ち
2015年05月31日 鉄弥(SHINE沖縄) ◎1RKO勝ち

【2017年4月23日現在】

20160925-daisuke-a

現在、大東2丁目にあるエボリューションムエタイジムの前身となる道場が宮前5丁目にあった3年前の創設時から熱心に修練を重ねてきたダイスケは、そのジム3人目のプロ選手である。daisuke (3)基礎体力とセンスに優れ、経験豊かなムエタイトレーナー、タイ人のチョンデーン・チューワッタナの指導を一身に受けてきた練習熱心なダイスケは、2015年5月31日のプロデビューを第1ラウンドKO勝利で飾ってから3連勝、daisuke (1)しかも3戦目は、前TENKAICHI KICK フェザー級王者、真木から奪った金星であった。その再戦となるタイトルマッチで初敗北を喫するが、続く復帰戦で勝利すると2016年月25日に今度は2階級上のライト級で王座決定戦のチャンスが巡り、相手は更に1階級上、つまり本来の階級から3階級も上の強豪、リュウイチと対戦。戦績は3倍以上、パワーや体格差もかなりのものながら、ダイスケは第1ラウンド早々にパンチのカウンターでダウンを先取。ところが次回、第2ラウンド、リュウイチの強烈な右フックを直撃されダウンを喫してしまう。負ったダメージは深刻かと思われたが、ここからダイスケのキックを中心とした攻撃と前進、そして、精神力は凄まじく、格上の相手を押し切り僅差ながら判定勝ちをもぎ取り初のチャンピオンベルトを巻くことに成功した。わずか6戦目でチャンピオンとなったダイスケだが、更なる向上心は飽くことなく、本土、そして、世界へと指標を定め、2016年11月12日には、格闘技大国である中華人民共和国の新疆ウイグル自治区ウルムチ市のビッグイベントに招聘され初の海外遠征を経験。今後ますますの活躍が期待されるホープである。

リングネーム:マサ 佐藤
英語名:Masa Sato
所属:名護ムエタイスクール
生年月日:1987年8月21日
出身地:東京都墨田区
身長:172cm
戦型:オーソドックス/ファイタータイプ
戦績:28戦16勝9敗3分
ステータス:英雄伝説64kg級アジア王者、西日本統一ライト級王者、DBSライト級王者、元RKAライト級王者

2016年11月13日 モンクレール宮地(GET OVER) 〇判定3-0勝ち 戦場/仙台夢メッセみやぎ本館大ホール
2016年10月02日 ツイ・ジェンフイ(中国) ◎2RKO勝ち 英雄伝説/内蒙古アルシャー盟
2016年10月02日 メン・カン(中国) 〇判定3-0勝ち 英雄伝説/内蒙古アルシャー盟
2016年08月20日 ウェイ・シュアイナン(中国) ◎2RTKO勝ち 英雄伝説/深圳
2016年08月20日 ワン・ジャーラー(中国) 〇延長判定3-0勝ち 英雄伝説/深圳
2016年06月26日 KJヒロシ(キックボクシングDrop) 〇判定3-0勝ち K-SPIRIT/嘉手納アリーナ
2016年04月22日 Suraj Bangarh(カナダ) ×判定0-3負け WARRIOR/カナダ、ブリティッシュコロンビア州、ビクトリア

2016年11月13日現在

14432970_1158742104201081_949987895614817135_n

90年代中期に誕生し世界の格闘技ブームのムーブメントを築き上げた日本発信の格闘技イベント「K-1」や「PRIDE」が一旦は消滅状態(現在、新生団体が発足)となり久しいが、現在、MMA(総合格闘技)はアメリカの「UFC」が、キックボクシングは中華人民共和国の「英雄伝説」などがワールドスタンダードとなっている。14492431_966051193523662_3273995226512287669_nそんな折、2016年10月2日、内モンゴルの砂漠に60万人を集めて開催されたモンスターイベント「英雄会」の中で開催された英雄伝説興行で過酷な大型トーナメントを勝ち抜き歴史に残る日本人王者が誕生した。20161002-masasato-kondoikki東京の下町出身ながら幼少時より沖縄を第二の故郷として往復し、高校卒業と同時に移住、名護に居を定め家庭を築き2児の父でもある“名護の闘将”マサ佐藤である。空手道を下地に武骨でパワフルな攻撃型の実力者として関係者間に知られていた佐藤は、これまで西日本やRKA(琉球かきだみし協会)のタイトルを獲得する二冠王だったが、2016年8月20日から中国全土で一斉に開始された英雄伝説アジアチャンピオントーナメントで中泰日の強豪選手16名を相手に4度勝ち抜き堂々たるアジア王者となったのだ。特に決勝戦の崔建辉(ツイ・ジェンフイ)戦のKO劇は圧巻だった。初回、中国人観衆の大声援を一身に背負った崔は猛然と佐藤に襲いかかりラッシュの波状攻撃でダウン寸前まで追い込む。続く第2ラウンドも同様に勢いの増した崔が止めを刺そうと前に出た刹那、佐藤渾身のローキックが膝関節の内側に直撃。一発で逆転の大ダメージを食らわせた佐藤は悲鳴のような嬌声の中、地元の雄をマットに昏倒させた。第2ラウンドKOの堂々たる勝利で重く輝くベルトを巻いてみせた。これは、元K-1王者、佐藤嘉洋などに続く快挙。もちろん沖縄県民として初のビッグタイトル獲得となる。しかしながら、一夜にして南国のローカルヒーローが全国的な評価を得て羽ばたいた栄達に佐藤は満足することなく、真の日本一、更にワールドチャンピオンへと勇躍を誓い「沖縄から世界へ」、いや「名護から世界へ」を体現しようとしている。

↑このページのトップヘ